手数料だけではない証券会社の「公平な」選び方

サイトマップと入門書記事の目次

入門書記事のもくじ・一覧は下にあります。

入門書記事のもくじ

序章.株式投資の概要

第1章.株式”社会”の基本

第2章.株式投資の基礎

第3章.投資の王道イメージ

第4章.株式投資とギャンブルの違い

第5章.リスクについて

投資における基本的なリスクについて
リスクとの付き合い方にはコツがある このページでは投資における最大のデメリットである資産の減少に関わるリスクを5つ紹介します。 リスクという投資のマイナス要素を知って、ご自身の資産がなるべく減らないように役立てていただけたらと思いま...
基本的なリスク分散法
株式投資は資金管理が重要 預金は放置が基本です。 預金は1000万円までなら元本が保証されており、さらに金利が小さい以上、たびたびチェックする必要はないからです。 一方、株式は預金と違って価格の変動率が大きいですから、資金管理...
詐欺の常套手段であるポンジ・スキームにはご用心
他人をだますパターンにも法則性がある さて株式投資とは対照的に預金のリスクは全体的に低いですが、その分リターンも低いです。 日本の高度経済成長期には普通預金の金利が3%もありましたが、それは例外であって一般にリスクとリターンは比例す...
意外と面白いプロスペクト理論について簡単に解説
お金を前にした人間の行動パターンには法則性がある 人間とリスクの関係について、かつてノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンによれば、人間は状況によってリスクに対する態度を変えることが実証されています。 これはプロスペクト理論...

第6章.株式投資家の性質

第7章.さまざまな投資スタイル

第8章.ファンダメンタルズをより深める
定性分析と定量分析の基本
ファンダメンタルズ分析の起点 ファンダメンタルズ分析の基本に定性分析と定量分析があります。 これを起点にして企業のファンダメンタルズをもう少し深く見ていきましょう。 定性分析と抽象性 定性分析とは、株式投資においては社長の能力や...
これでわかる損益計算書の基本
損益計算書の基本は社会人全般に役立つ 投資家、とくに中長期型の投資家は決算書や経済紙に掲載されているファンダ情報を読み解けないと、かなり苦しい展開になってしまいます。 とはいっても、すべてを読み解く必要はありません。まずは会社の一定...
これでわかる決算に際して投資家が備えるべき基本
決算前後の株価には要注意 株価を大きく左右するイベント、それが上場企業には四半期(3か月)ごとに開示が義務付けられている決算です。 普段はおとなしい銘柄でも決算直後は大きく上下することは珍しくありません。 大雑把にいうと「よい...
キャッシュフローの基本とそれを取り巻く考え方
売上や利益の裏に隠れた重要な考え方 損益計算書おいては売上と営業利益が増加傾向にあることが重要でした。 しかし、現実の企業経営においては売上と営業利益さえ上がっていればよいとは限りません。 そこで出てくるのがキ...
機会費用の考え方は人生全般で役立つ
あれこれ立場を考える 投資においては投資家側の事情だけでなく企業側の事情を企業の立場になったつもりで考えることも重要です。 そして投資家や企業のみならず、投資をやらない方にとっても役立つ経済学の考え方が機会費用です。 大卒の機会費...
PERとPBRの基本をわかりやすく解説
PERはファンダの王道 投資家が、証券会社の銘柄情報や東洋経済新報社の四季報、Yahoo!financeなどに記載されている個別銘柄のファンダ情報を読み解くことは重要です。 まずはファンダの代表格であるPERの前提を知っておきましょ...
株式会社で最も権限の大きい社長の基本的な読み解き方
社長次第で株価が動く場合もある 経済情報を読み解くとくためには損益計算書やPER・PBRだけでは足りません。 そこで次に社長情報について見ていきましょう。 社長は社内でもっとも強い権限があり企業を引っ張っていく存在ですから、中長期...
そのほか参考にすべきファンダ情報
細かい情報にも新たな発見がある このページでは経営計画、決算のタイミング、従業員の増加率、株主情報、自己資本比率などについて箇条書き式で大まかに見ていきましょう。 この類のファンダ情報は中長期投資では重要ですが、短期投資ではあまり参...
大量の投資情報といかに向き合うべきか
情報は効率よく利用しよう 株式市場の情報は日々、大量に供給・更新されます。 それは真偽が不明のものも大量にあるので、プロでさえもすべてを処理することは不可能です。 したがって、投資家は情報を絞るとか、捨てるといったことが必要で...
第9章.テクニカルの基本
第10章.株式の基本的な売買
実はそんなに難しくない株式投資の始め方
始めるだけなら簡単 株式投資をやったことがない方にとって株式を売買することは何だか怖い感じがするものです。筆者も昔はそうでした。 具体的には株式投資は、えらく気合の入った男たちが複数のディスプレイ付きパソコンの前に座って忙しくトレー...
成行と指値と逆指値という基本的な売買方法
どの証券会社にも共通した売買の基本 ネット証券や総合証券のオンライントレードの注文方法はほとんど共通していますし、注文を出すだけなら難しくありません。 それは、銘柄検索⇒売買する株数の設定⇒成行か指値・逆指値の選択⇒指値なら希望売買...
順張りと逆張りとナンピン買いと押し目買い
買い方の基本2つとその応用2つ 金融商品を買う際にだれもが問われる基本戦略が順張りか逆張りです。 どちらにも長所と短所がありますし、これはそのときの状態によっても使い分けるものです。 それらにはナンピン買いと押し目買いという応...
板情報をもとにした実践的で基本的な売買
まずは板情報を見てみよう 株式投資でだれもが見る株式市場の注文状態が板情報です。 ここでは現値(現在の株価)が500円の架空銘柄Fを使って板情報を見ていきましょう。 証券会社によって多少のズレはありますが、基本は以下のとおりで...
第11章.株式の売却
第12章.機関投資家
第13章.地合いと外部環境の基本
最終章.応用力のある投資へ