ネット証券業界第2位、顧客重視の経営で口座数も漸増中

ネット証券業界2位!顧客重視の経営で伸びる楽天証券の特徴

ネット証券業界2位!顧客重視の経営で伸びる楽天証券の特徴

ネット証券業界2位!顧客重視の経営で伸びる楽天証券の特徴

業界でもやや安い部類にある手数料

楽天証券の現物取引の1約定ごとの手数料
(2018年11月現在 左側税抜・カッコ内税込)
1注文の約定金額 手数料
5万円以下 50円(54円)
10万円以下 90円(97円)
20万円以下 105円(113円)
50万円以下 250円(270円)
100万円以下 487円(525円)
150万円以下 582円(628円)
3000万円以下 921円(994円)
3000万円超 973円(1050円)
現物取引と信用取引合計のの1日あたりの定額手数料
合計約定金額 手数料
10万円以下 0円
20万円以下 191円(206円)
30万円以下 286円(308円)
50万円以下 429円(463円)
100万円以下 858円(926円)
200万円以下 2000円(2160円)
300万円以下 3000円(3240円)
300万円超(100万円ごとの加算金額) +1000円(+1080円)
信用取引の1約定ごとの手数料
1注文の約定金額 手数料
10万円以下 90円(97円)
20万円以下 135円(145円)
50万円以下 180円(194円)
50万超 350円(378円)
信用取引の金利・諸経費
買い方金利 (年利) 制度信用 2.80%
一般信用(無期限) 3.09%
一般信用(いちにち信用) 1.90%(1注文の約定金額100万円未満)
0.00%(1注文の約定金額100万円以上)
貸株料 (年利) 制度信用 1.10%
一般信用(短期) 3.90%
一般信用(無期限) 2.00%
※買い方優遇金利あり

楽天証券の手数料は業界でも安い部類にあります。

これなら元手を大きく増やして投資資金が大きくなった段階でも証券会社を変えることなく、いつまでも付き合えるのではないでしょうか。

高機能ツールと専用アプリが無料

また楽天証券の口座開設者はパソコン専用ツールとしてMARKET SPEEDをほぼ無料で利用できます。これは投資の上級者からも定評のある高性能ツールとして知られています。

そこでは柔軟なリサイズとレイアウト変更とポップアップが可能であり、銘柄情報と投資情報と注文とポジションが機能的に表示されます。

投資情報無料で充実

MARKET SPEEDやログイン先では東洋経済新報社発行の四季報も無料で読めます。四季報相場という言葉があるほど四季報の影響は未だに強いです。

さらに楽天証券の口座開設者は日経テレコンも無料で読むことができます。四季報を無料で読める証券会社は少なく、また日経テレコンを無料で読める証券会社も少ないので、その2つが揃った証券会社はとても貴重です。

さらにスマホやタブレットでも利用しやすい専用アプリも無料です。そこでは四季報の閲覧はもちろん、各種のテクニカルや重要ランキングなどもリアルタイムで見ることができます。もちろん、それらのツールはご自身でカスタマイズできます。

その他の金融商品もバランスよく取り扱う

楽天証券は総合的なネット証券会社として投信と外国株とFXと内外債券などにも力を入れています。外国株は米国、中国、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシアの各市場に上場している株式を取り扱っています。

ポイント制

楽天証券の超割コース(1約定ごとに手数料を支払うコース)のユーザーは国内株式取引(現物・信用)や投信、海外株式、先物などを売買すると手数料の1%がポイントバックされます。

このポイントはご家族・ご友人を紹介したり、期間限定で実施中のキャンペーンからも得られる場合もあります。

そこで貯めたポイントはマイルに換えたり楽天市場など他の楽天グループでも利用することができます。証券会社のポイントを小売市場で使える制度は珍しく楽天グループならではの優れたサービスだといえます。

楽天証券は競争が激しいネット証券業界で今も口座数を伸ばし続ける会社だけあって消費者からの人気と信頼が厚いのです。

安心のサポート体制

それでもなお不安をおもちの方もいらっしゃるでしょう。この点、楽天証券ではツールの使い方や要望などについてサポートを行っています。


トップへ戻る