証券会社の公平な選び方【手数料以外にも注目】】

株式投資の基礎王国の管理人のプロフィール

社会の理解とともに株式投資を広めたい

こんにちは!

株式投資の基礎王国の管理人である酒井峻一と申します。

管理人は基本的には現物・ファンダ派で、投資期間は中期とスイング(とくに押し目買い)を主体にしています。

しかし、ベア・インバースETFを買うこともあります。

銘柄は小型・新興から大型までいろいろ触りますが、どちらかというと中規模の銘柄が好きです。

社会の理解とともに株式投資を広めたい

当サイトの管理人は社会科学の物書きでもあります。著書は『高校生からわかる社会科学の基礎知識』で商業出版として全国展開中です。

著書をご覧いただくとわかるように真面目で公平な記述が得意ですが、よく見ると人間や社会について面白みをもたせる記述になっています。

このように管理人は政治経済が得意であるため地合い・社会情勢を重視します。

管理人は予想屋や投資顧問ではないので売買銘柄の具体的な推奨はできませんが(個人的な注目銘柄は示します)、基礎知識についてわかりにくいところや改善点がありましたらメールにてご連絡ください。

ご連絡先はこちら⇒info@kabuo.info

管理人は社会科が商業出版できるレベルで好きなだけに、株式投資の勉強は社会の理解とともに行うべきだと考えています。

これを表したのが本サイトであり、中学や高校にもぜひ株式投資の考え方を広めたいのです。

ご存知のように日本の中高大では投資や資本主義や投資について大して教えてくれません。

それにもかかわらず、学生は最終学校を卒業すると資本主義社会に放り出されます。

卒業生の多くは株式会社に就職するのに資本主義や株式を理解していないというのはおかしいでしょう。

公務員にしたって役所は民間企業を支えるのが基本線にありますから株式”社会”を知っておく必要があります。

よく投資詐欺で月利10%と勧誘されてだまされたという事件がありますが、こんな勧誘は上場株の知識がちょっとあればまずだまされません。

こういうところにも力を入れているのが当サイトです。

どうかよろしくお願いいたします。