証券会社の公平な選び方【手数料以外にも注目】】

【銘柄に惚れるな?】好みで投資銘柄を選ぶことは問題があるか

好き好きで投資銘柄を選んでよいのか 銘柄選び
スポンサーリンク

好みで投資してもよいのか

さて、日本の株式市場には3700以上もの銘柄があります。

これだけ多いと投資のプロでさえもほとんど知らない銘柄があるほどです。

個人投資家もプロと同じようにファンダやテクニカルを使って投資銘柄を絞りますが、無意識のうちに「好み」も使っている人も多いかと思います。

好みは投資にとってよい形で作用する場合もあれば、悪い形で作用する場合もあります。

そこで今回は好みが株式投資にとってどのように影響するか解説してまいります。

短期投資家はドライ

一般に短期の投資家はファンダ面の「好み」を重視しません。

彼らは株価が大きく動くことと出来高が多いことを好むのであって、ファンダをあまり見ないからです。

やや大げさにいうと、それは業種や業績が何であろうと株価が大きく動いて利益をあげることができればそれでよいという考え方です。

具体的にはテクニカルで上がりそうなところでは買い、好材料が出ても寄り天になりそうなら空売り、というようにテクニカルに合わせて値幅をとって勝つことを重視します。

ドライな投資家はカブの塩漬けをもたない

このように短期の投資家はその時点における値幅と出来高を重視しますから、それが取れなくなさそうになったら投資した銘柄に愛着や未練などをもたず次の銘柄に行きます。

そのため、カブの塩漬けも発生しにくいです。

カブの塩漬けは資金効率が悪いだけでなく精神面で投資の士気を落としてしまう点も望ましくないです。

こういった塩漬けを回避しやすいのは短期投資の大きなメリットです。

むろん、かつて投資していた銘柄に魅力が戻れば、また戻ってくることもあるでしょう。

短期投資家の姿勢はドライな傾向があるのです。

中長期投資の一般論

一方、中長期の投資家は文字通り中長期にわたって同じ銘柄を保有し続けます。

これはある程度好きな会社でないと保有し続けるのが難しいのではないでしょうか。

長きにわたって投資するなら、わざわざ嫌いな会社・銘柄に大事な資金を託したくないと人間は考えやすいからです。

もしかしたら、投資した当初はあまり好きでなくても、保有しているうちに愛着が生まれるのかもしれません。

その意味ではじっくり味わってみないと会社のよさはわからなかったりもしますから、食わず嫌いになるのは損です。

銘柄に惚れるな?

しかし、「好き(愛着が生まれる)」だと多少の低迷は許せてしまうため、その会社の業績や将来性を冷静に見極められず、株価がじわじわと下がってもそのまま持ち続けてしまう危険があります。

これがいわゆる「恋は盲目」という状態であり、それを警戒した格言が「銘柄に惚れるな」だといえます。

つまり、中長期投資はカブの塩漬けが発生しやすいのです。これは中長期投資のデメリットです。

そうはいっても株価は複雑な動きをするものです。

そのため、もし2年間で株価が5倍になる銘柄があっても、その途中では長く低迷する時期もあります。

こういう銘柄ではすぐにあきらめてしまうのではなく強い愛着や信念を持ち続けることも必要です。

その意味では「銘柄に惚れるな」は悪いとは言い切れない格言でしょう。

あのAppleでさえ長い低迷期があったよ!
数値の魅力だけで結婚生活は持続可能か

他方、人間は結婚についても年齢や経済力という数値だけでなく感覚的な好みも取り入れるはずです。

もし結婚生活が短期間の付き合いが前提なら経済力だけを重視してもよいかもしれませんが、結婚は数十年間は一緒に暮らすのが前提なので感覚的な好みも考慮するのではないでしょうか。

中長期の付き合いは結婚も投資も好みが意外と重要だったりするわけです。