手数料だけではない証券会社の「公平な」選び方

大量の投資情報といかに向き合うべきか

会社の諸事項をチェック 銘柄選び

情報は効率よく利用しよう

株式市場の情報は日々、大量に供給・更新されます。

それは真偽が不明のものも大量にあるので、プロでさえもすべてを処理することは不可能です。

したがって、投資家は情報を絞るとか、捨てるといったことが必要です。

このページではとくに情報の解釈方法について解説したいと思います。

情報の種類と処理の方法

そもそも情報には三種類あるといわれています。それは一次情報と二次情報と三次情報です。

投資における一次情報とは、企業から発表された決算数値のように加工されていない(粉飾なしが前提)ありのままの情報のことをいいます。

マスコミが決算を報道する場合でも、そこに記者の主観が入っておらず、ありのままの決算数値を記しただけのものだったら一次情報といえるでしょう。

一次情報の代表格は適時開示です。適時開示とは、上場企業が投資家に向けて示さなければならない経営上の重要情報を意味します。これは下のリンクにまとめて更新されます。

二次情報は納得できるか

次に二次情報とは、記者やアナリストの意見のように一次情報が加工されたものです。

この手の情報としては一部のネット証券で見ることができるQUICKリサーチネットやIFIS予想、そして東洋経済新報社の出版物である四季報が有名です。

二次情報は一次情報が加工されたものだけあって、情報の受け手としては同意できる部分と同意できない部分があるはずです。

基本的にアナリストや金融関係者は強気のバイアスをもつ傾向があります。とくに組織に所属している人は顕著です。弱気な予想は周囲や顧客のひんしゅくを買いやすいからです。

ただし、強気なところを示しがちな金融業界にあっても中には中立的な意見を示してくれる人もいます。これは参考になるでしょう。

個人投資家に安くておいしい情報はまわってこないのかな
情報やアドバイスは無形だから無料のように見えるけど、機関投資家は投資顧問から大金を出して買ったりしているよ。つまり、価値および確度の高い情報をもとめるなら高い対価が求められるんだ。
高い情報料を要求する会社なら信用できるってこと?
普通の個人投資家にとって入手できるレベルでの「おいしい情報」は疑わしいかもしれない。政財界の大物なら本物の「おいしい情報」がまわってくるかもしれないけど。それに個人投資家、とくに初心者だと情報の真偽を判断しにくいよ。

三次情報は自分で噛み砕いた情報

最後に三次情報とは、投資家がそれらの情報を噛み砕いて得られた自分なりの意見を意味します。

この段階の情報処理で重要なのは自分の願望や仮説ばかりを優先させないことです。

たとえば、日経平均株価が上がってほしい投資家は「日経平均株価 上がる」という形でウェブ検索し、それに沿った情報ばかりを集めて自分の考えを固めます。こういう偏った行動を確証バイアスといいます。

それをもとにポジションを拡大して株価が上がればよいのですが、そうでなかった場合、損失を拡大させてしまいます。情報は自分の反対論も集めないと危ういのです。

偏差値の高い人でもバイアスが強い人は意外といるよ。自信をもちすぎているのかな?
そういえばアメリカで活躍したアスリートが引退後に破産する確率はかなり高いって聞いたことがある。それも投資絡みで。
現役時代は有能で特別扱いされていたんだろうけど、スポーツで有能だった人が投資でも有能とは限らないからね。なのに過信して散財すると、まわりの人間からいいように利用されてしまうんだろうね。
自分にできることとできないこと

投資家ならだれしも自分の買った株は上がってほしいものです。しかし、社会では思うように行かないことは多くあります。

たとえば大学受験なら自分の努力によって志望校合格に近づきますが、大型株の株価を思い通りに動かすことは、努力は関係なく機関投資家でさえもほとんど不可能ですし、そもそも相場操縦は禁止されています。

そうなると、それよりも力の劣る個人投資家は、株価が下がる見込みが高いときには株価が上がるという理想・願望を捨てて売る(逃げる)という選択肢を考慮する必要があります。

つまり、個人が株価を動かす努力・願望は不可能だったりナンセンスだったりしますが、多様な情報を集めて事態を冷静に見極めるという行為はだれにでも可能なのです。

投資では自分にできることと自分ではどうしようもないことを見極める必要があるというわけです。これは投資以外にも通じることでしょう。


次ページからは章が変わってテクニカル分析の基本を見ていきます。

次章は社会常識というより投資家としての常識という感じです。まずはテクニカルの基本中の基本であるローソク足です。

当サイトを入門書として使う場合に次に読むべき記事⇒