株式会社で最も権限の大きい社長の基本的な読み解き方

いろんな社長

経済情報を読み解くとくためには損益計算書やPER・PBRだけでは足りません。そこで次に社長情報について見ていきましょう。

社長は社内でもっとも強い権限があり企業を引っ張っていく存在ですから、業績・株価にとっても社長の質を見極めることは重要です。実際、上場企業の中には以前よりも業績は少し上向いているにもかかわらず、カリスマ性のある社長が退任したために株価が停滞している企業もあります。

株式会社で最も権限の大きい社長の基本的な読み解き方

 

社長よりも会長・顧問・相談役の権限の方が大きい企業もある。
院政は日本の伝統なのかな。

オーナー社長か、サラリーマン社長か

オーナー社長とは、会社の大株主・筆頭株主であると同時に、その多くは創業者系の血縁をくむ社長のことです。株式会社の所有者は株主なので、社長がその筆頭株主であれば経営者であると同時に筆頭所有者でもあるというわけです。

基本的にオーナー社長は経営責任が明確であり意思決定が早いです。またその意思決定自体もサラリーマン社長よりも大胆な傾向があります。

大富豪の上位は創業者や投資家の系譜をもった人ばかり

一般にオーナー社長は、自社の株価が上がるほど自身が大量に保有している自社株の価値と一族が手塩にかけてきた自社の社会的評価が上がるので時価総額の向上に熱心です。

株式会社で最も権限の大きい社長の基本的な読み解き方

 

SNSで積極的に発言している社長は
サラリーマン系よりオーナー系の方が多い?

会社を興し、さらに上場して時価総額が上がるというのは資本主義と起業家の夢なのです。起業に基づく夢や欲望が資本主義を牽引してきたといってもよいくらいです。

実際、現代の大富豪上位はアメリカに限らず創業者・投資家の系譜をもつ人ばかりです。オーナー社長にすべてあてはまるとは限りませんが、タイミングのよいIR・自社株買い・株式分割を打ち出すなど「株価」を強く意識してくれる社長の方が投資家にとっては望ましいです。

サラリーマン社長は大企業に多い

一方、サラリーマン社長とは、オーナーや株主から経営を任されている雇われの立場にある社長のことです。起業家は創業時から社長ですが、サラリーマン社長は下から出世した末にたどり着いたり親会社から子会社への出向という形で就任することもあります。

日本の場合は大企業に多く、彼らは協調的で堅実な経営をめざす傾向があります。協調とは、従業員、取引先、メインバンク、グループ企業との協調です。グループ企業やメインバンクには「株式の持ち合い」といって自社の株を大量に保有してもらい、敵対的買収を防いでいました。

社長も時代も変化する

ここで重要なのは社会の変化を考慮することです。たとえば、日本企業は従業員やグループ企業といった身内を重視するばかりで株主を軽視してきたといわれてきましたが、近年では株式の持ち合いは少しずつ廃れ株主に対する還元姿勢が高まっています。

また、かつて素晴らしいカリスマ性を誇った新興企業が大企業になると、社長の高齢化や世襲的な交代とともに経営が保守化したり急激に悪い方へ向かう場合もあるなど、企業経営は時代とともに変わります。

株式会社で最も権限の大きい社長の基本的な読み解き方

 

世襲や国籍といった生来の要素ではなく
その人の実力で判断することが大事かも。

さらに外国籍のサラリーマン社長だとオーナー社長に近い力強い経営を行うタイプも見られます。このあたりは柔軟に見る必要があるのです。

次はその他の細かいファンダ情報について見ていきましょう。

当サイトを入門書として使う場合に次に読むべき記事⇒そのほか参考にすべきファンダ情報


トップへ戻る