資産のおまかせ自動運用ロボWealthNaviの特徴

キャッシュフローの基本とそれを取り巻く考え方

大手町付近のビル 銘柄選び

売上や利益の裏に隠れた重要な考え方

損益計算書おいては売上と営業利益が増加傾向にあることが重要でした。

しかし、現実の企業経営においては売上と営業利益さえ上がっていればよいとは限りません。

そこで出てくるのがキャッシュフロー(=CF)という考え方です。

企業のお金のやり取りは複雑

たとえば、ベンチャー企業Cの第2期において売上は1000万円、諸費用は800万円だったとします。

大まかな利益は1000万円から800万円を引いた200万円になります。要するにC社は黒字企業です。

しかし、企業の売上は商品が売れるたびにその商品をつくった企業にすぐに入金されるとは限りません。

多くの業種では企業への入出金は一定期間ごとにまとめて行われやすいです。たとえば、書店で本が売れても発行元の出版社にお金が入るのは少しあとになるのが普通です。

また高価な設備を導入して利益を稼ごうとする場合でも、すぐに設備費用を回収することは難しく、ある程度時間がかかるものです。

消費者は消費税を買い物のたびに払っているけど
業者が税務署に消費税を納めるのは後日まとめてだ
スマホ料金や電力料金も月ごとの支払いだね

企業や消費者のお金のやり取りにはこういう性質があるため、C社においても売上のうち2期中に手元に入った現金は600万円と想定することにします。

つまり、2期中において現金の流出入だけを見ると、入ってきた金額が600万円で、出ていった金額が800万円ですから、現金の流出入は-200万円になるのです。

このような一定期間中の現金の流出入をキャッシュフローといいます。

フローと対になる言葉はストックだ。フローが流出入を意味するのに対して、ストックは貯められたモノ(この場合は動かないお金や貯蓄)を意味する。

黒字倒産の可能性

手元の現金が不足した状況下でも借金などを利用して乗り切れればよいのですが、うまくいかないと従業員や取引先、そして銀行からの信用を失います。

また手元に現金が不足していると、会社の本業でも勝負時にお金をつぎ込めなくなります。

そして最悪の場合、資金繰りが立ち行かなくなり倒産するというわけです。

このような黒字倒産は過剰な在庫や設備を抱えた中小企業・新興企業に多いです。

ボクが起業家だったらなるべく借金はしたくないな。
企業経営では借金の返済実績があると、金融機関から気に入られて優遇金利が適用されたり、いざというときに助けてくれたりするよ。
うーん、借金をしすぎてクビが回らなくなるのも問題だけど、借金してまで行わない事業というのも士気にかけるのかもね。

時間と信用とお金

キャッシュフローにおいて重要なのは、お金のやり取りにはタイムラグがあるため、人間はお金の価値を時間や信用に照らし合わせながら見積もっていることです。

この考え方は投資にもつながります。

たとえば、今すぐに信用できる人から現金100万円を無条件でもらうのと、1年後にあまり信用できない人から101万円を無条件でもらうのとではどちらがよいでしょうか。

おそらく前者を選ぶ人が多いはずです。後者の方がもらえる金額は多いですが、信用できる人との1年間の差がたった1万円では「割に合わない」と考えたからでしょう。

時は金なり

信用度が同じ人から今すぐに100万円をもらうのと、1年後に101万円をもらうのとでも、おそらく前者を選ぶ人が多いはずです。つまり、「現在の100万円>1年後の101万円」ということがいえます。

信用度が同じにもかかわらず、なぜ人は「現在の100万円>1年後の101万円」と評価するのでしょうか。

もっとも大きな理由は運用の可能性があるからでしょう。

もらった100万円を自分で運用して1年以内に101万円以上にできれば、「現在の100万円>1年後の101万円」と評価するのは当たり前でしょう。

投資において「時は金なり」なのです。

最近話題になっている最先端のロボット・コンピュータによる自動運用は1年で10%程度の運用益が期待できるみたい。
もちろん、最先端の自動運用だとしても投資であることに変わりないから元本割れの可能性もあるけどね。
割引率という考え方

さて、もう一つ例をあげましょう。

たとえば、ある金融商品の価格が100万円で年利(複利)が5%だとします。この100万円は1年後には105万円に、2年後には110.25万円になります。

つまり、「2年後の110.25万円=現在の100万円」となるのです。

現在の100万円(現在価値100万円)に対して、1年後の105万円や2年後の110.25万円は将来価値と呼ばれます。

反対に、将来価値から現在価値を求める場合は複利計算の逆を行えばよいのです。

2年後の場合、110.25万÷(1+年利)2=100万となります。2は年数を意味し、指数計算します。

このように将来価値を現在価値に換算する際の期間ごとの金利(通常は年利)を割引率といいます。金融商品のリスクが高いほどその値は大きくなります。

以上を応用すればさまざまな商品や投資の価値、そして時間の価値がわかるのですが、現実には金利や価格は複雑に動くので、いかに数値を設定して計算するかは難しいという弱点があります。

ただ、そうはいっても将来から逆算して現在の価値や行動を考えるというのは投資全般で大事なことです。

キャッシュフロー計算書と投資判断

さて、上場企業が報告するキャッシュフロー計算書には営業CFと投資CFと財務CFがあります。

CFはキャッシュフローの省略形です。

営業CFは本業でキャッシュがいくら増減したか、投資CFは固定資産(土地や工場)や金融資産の売買でキャッシュがいくら増減したか、そして財務CFとはどれだけ資金調達して返済したかを意味します。

一般に営業CFは大きなプラスがよいといわれています。単純に本業は大きなプラスの方がよいからです。

一方、投資CFや財務CFは、高い成長をめざすのであればマイナスの方がよいといわれています。

高い成長を実現するには積極的な投資や借入が必要になるからです。

このあたりを出し渋っていると、業種や環境にもよりますが守りの経営に入っているといえるかもしれません。


キャッシュフローは株式投資ではそんなに重要ではない見なす説もありますが、ビジネス全般に役立つと思いますので紹介しました。次は機会費用です。

当サイトを入門書として使う場合に次に読むべき記事⇒