少額投資のおすすめ戦略をわかりやすく解説

少額投資のおすすめ戦略をわかりやすく解説

おすすめの少額投資 少額投資の運用

このページでは少額投資のおすすめ戦略について解説します。

一昔前は少額投資は難しかったのですが、最近では少額投資に対応した金融サービスも増えました。

この機会に少額投資を始めてみてはいかがでしょうか。

投資の初心者は少額で経験をつけて、そのあと投資額を大きくしていくのが正攻法。
スポンサーリンク

少額投資のおすすめ戦略は人によって異なる

結論からいうと以下のような少額投資をおすすめします。

  • 予算数百円~、かなりの少額で始めたい人、学生SBIネオモバイル証券のTポイント投資、100円からできるSBI証券の積立投信
  • 予算10万円~、本業がかなり忙しい人、ローリスクローリターンを狙う人、年金生活者ウェルスナビ、投資信託
  • 予算20万円~、投資の売買や勉強に時間をさける人、ハイリスクハイリターンを狙う人、若いビジネスマンSBI証券かDMM株で個別銘柄、FX

要するに、少額投資のおすすめは個人の好みや目的によって変わるのです。

そこでまずは少額投資のメリットとデメリットを確認していただきたいです。

少額投資のメリットとデメリット

そもそも少額投資は利益が小さいというデメリットがあります。しかし、その分、損失も少ないというメリットがあります。

大金を使った投資はその逆で、利益も損失も大きいという特徴があります。

このように投資の元手はメリットとデメリットが表裏一体になっています。

投資ではローリスクローリターンかハイリスクハイリターンが原則。
初心者のうちは少額投資で経験をつけた方がいいよ。大金を投じて大儲けできたとしても、初心者だと調子に乗っちゃうもん。

以上をご理解いただいてから見ていただきたいのが次の表です。正直言って好みがわかれます。

ボラティリティが大きくても株数が少なければ慌てない

短期的なボラティリティ
日本株の個別銘柄:新興株
日本株の個別銘柄:大型株
ウェルスナビ
投資信託
FX(外国為替証拠金取引) 通貨ペアによる
仮想通貨
金(ゴールド) かなり小さい
不動産 かなり小さい
個別銘柄とは、ヤフーや楽天など個別の上場企業の株のことをいいます。

この表のうちボラティリティとは、値動きの激しさを意味します。つまり、ボラティリティが大きいと価格が上にも下にも大きく動くということです。

「そういえば不動産の価格って短期間ではそんなに動かないなぁ」と思った人も多いでしょう。あれがまさに短期的なボラティリティは小さいということです。

一般的に価格は激しく動く方が対応するのが難しいです。

日本株の新興企業(マザーズやジャスダックに上場している株)のボラティリティが大きいのは、新興企業は経営がよくも悪くも不安定だからです。

逆に大企業は経営がよくも悪くも安定しているため株価は新興株よりは緩やかに動きます。

新興企業は株式の発行数が少なく、大企業は多い。株式の発行数が小さいほどボラティリティは大きくなる傾向がある。
新興企業の中でもゲームやバイオテクノロジーを主力とする企業はとくにボラティリティが大きい。
そういう企業は突然発表したニュースによって株価が乱高下するからね。新興株はこういう突然のニュースを予想・対応するのが難しい。

株価が大きく動くと自分は対応できるのか不安」と感じる人は多いでしょう。確かに株価への対応は一筋縄ではいきません。投資の知識もそれなりにつける必要があります。

しかし、保有株数が少なければ慌てずに取引することができます。

そういった方におすすめしたいのが、SBIネオモバイル証券のTポイント投資と、100円からできるSBI証券の積立投信です。

SBIネオモバイル証券のTポイント投資

そもそも日本株は100株単位で買うのが基本です。つまり、株価が3000円だと100株買うのに30万円かかります。

しかし、「30万円は高いな。もっと細かい単位で買いたいな」と思う人もいるでしょう。

そこで一部の証券会社では1株単位で買える仕組みがあるのです。

とくにSBIネオモバイル証券では日々の買い物で貯めたTポイントを使って1株単位で株式を買うことができます。

もちろん、スマホからでも口座開設や操作はできます(開設にはクレジットカードが必要)。

これは気軽に少額投資を始めたい方におすすめです。

登録・口座開設は無料
その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

100円からできるSBI証券の積立投信

次にSBI証券の積立投信についてです。

そもそも投信とは投資信託の略で、多くの投資家から集めた資金を投資のプロがさまざまな金融商品を通じて運用するという金融商品を意味します。

投資信託は一種の分散投資であるため、収支はマイルドです。

集中投資か分散投資か

投資信託は他人に任せる以上、運用が楽です。ただし、投信は手数料がやや高いため、一度買ったら長期的に放置するのが基本になっています。

投信を扱っている証券会社はたくさんあるのですが、SBI証券は投信の数がとても多く、また投信にかかる手数料が安めなのでオススメです。しかも100円から積立可能です。

SBI証券の投信の総本数は2700本!そして投信の全商品は買付手数料が無料です。

投信の手数料は買付時、信託報酬(運用してもらっている時)、解約時にかかるけど、どこにどれだけかかるかは商品や証券会社によって異なる。

100円からの積立でしたら、お小遣いや飲食代をちょっと工面すれば捻出できるでしょう。

なお、SBI証券では日本株の個別銘柄を100株未満で買うこともできます(さきほどのSBIネオモバイル証券はTポイントとクレジットカード経由が主体)。

さらにSBI証券はIPO(新規公開株)の取扱数も業界トップクラス。

IPOを買うには証券口座の開設と抽選に当たることが必要です。IPOに当たれば利益の期待度は大きいため、あらかじめ証券口座を開設しておくことをオススメします。

今すぐ無料で口座を開設。
SBI証券

DMM株は日本株の個別銘柄(100株単位)の手数料が安い

また、日本株の個別銘柄について100株単位の売買で手数料を安くおさえたいのならDMM株がおすすめです。

DMM株は商品やIPOの数ではSBI証券に負けますが、日本株の100株単位の取引手数料なら業界最安クラス。

今すぐ無料で口座を開設
DMM株

投信のロボット版がウェルスナビ

次にウェルスナビについてです。

さきほどの投信は投資のプロ(=人間)に分散投資をまかせるものでしたが、ウェルスナビはロボットに分散投資をまかせる金融サービスとお考えください。

ここで「投信とウェルスナビのどちらがいいの?」と思う人も多いでしょう。ハッキリ言ってこれはケースバイケースです。

投信は実にさまざまな商品(組み合わせ)があり、またウェルスナビも投資家の希望によって運用方法が変わるからです。

ただ、一般論をいうと安定感ではウェルスナビの方が上で、投資信託はそれよりも上に下にもブレやすいといえます。

ウェルスナビはロボットによる運用であるため、どんなときでも冷静に動いてくれるからです。

資産の運用診断と口座開設は無料
ウェルスナビ

FXはレバレッジ次第で大きく変わる

次にFXは外国為替証拠金取引を意味します。要するに通貨と通貨を取引して利益を稼ごうとするのです。

通貨の価値は刻々と変わりますから、その変動を利用すると利益を稼ぐことができるというわけです。

このFXは通貨と通貨の組み合わせによってボラティリティが異なります。

またFXはレバレッジを25倍までかけられるので、それによって収支は大きく動きます。

レバレッジとは、預け入れている資金について25倍までの金額の取引ができる仕組みのことをいいます。要するにレバレッジを大きくするほどリスクが高まるのです。

初心者はレバレッジを低めにして知識と経験を積んでからレバレッジを大きくするというのが定跡です。

金投資について

最後に金は積極的な値上がりを狙う投資対象というより「株価や仮想通貨が世界的に暴落したときでも金の価格は安定している」というように、リスク対策の資産という位置づけです。

つまり、金への投資は守備的であり、投資の脇役という感じなのです。

価格が激しく動く個別銘柄や仮想通貨だと投資家の技量によって成果も大きく変わる。でも、金のボラティリティは短期ではかなり小さいから技量はそんなに関係ないよね。

そうはいっても金は長期(=短期の積み重ね)では価格がそれなりに変わるから、買うなら少しずつ積立感覚というのが定跡。貯金感覚といってもよいかも。

まとめ:年齢と投資の関係

  • 予算数百円~、かなりの少額で始めたい人、学生SBIネオモバイル証券のTポイント投資、100円からできるSBI証券の積立投信
  • 予算10万円~、本業がかなり忙しい人、ローリスクローリターンを狙う人、年金生活者ウェルスナビ、投資信託
  • 予算20万円~、投資の売買や勉強に時間をさける人、ハイリスクハイリターンを狙う人、若いビジネスマンSBI証券かDMM株で個別銘柄、FX

ここまで少額投資にとっておすすめ戦略を紹介してきました。

ここで考えたいのが投資と年齢の関係です。

というのも日本社会では高齢者ほどお金を多くもっている傾向があります。とくに退職金という大金を元手に投資を始めようとする人は多いはず。

そこでは投資家の年齢が高いほどリスクの低い投資が向いています。もし、年金生活が個別銘柄に大金を集中投資して失敗したら、その後の生活は破綻してしまうからです。そのため、年齢の高い資産家は分散投資でマイルドに行くの定跡です。

一方、若者は元手の資金が少ないですが、これからの給料で収入を稼げるだけの未来が何年も残っています。

そうなると、若者は投資に失敗したとしても元手が少額なら十分にやり直しがききます。

今一度ご自身の年齢や目的を振り返ったうえで投資戦略を練ってみてください。