空売りの基本をわかりやすく

下落局面でも利益を出せる空売り

売ってから買うという形

空売りとは、信用取引口座を使って手元に保有してない株式を証券会社などから借りて売ることを意味します。手元にないものを売るので「空」なのです。空売りを行った人がめざすのは、株価が下がったときに買い戻して売買差益を稼ぐことです。

たとえば株価が1000円の銘柄を100株空売りしてそれが800円にまで下がったときに買い戻せば、1000−800=200と1株あたり200円の値幅なので「約」2万円を稼ぐことができます。「約」と書いたのは、空売りには手数料以外にも貸株料がかかるからです。

下落局面でも値幅をとれる

自分の手元にある資金のみを使う現物取引とは違って信用取引では「他人から借りる」という行為ができるため、下落相場を利用して稼ぐことができるのです。現物取引だと株式を買ってから売るという流れしかありませんが、信用取引は売りから入ってもよいのです。

とくに株価は上昇するときよりも下落するときの方が速いので、空売りは短期投資に向いています。信用取引については「信用取引の基本は現物派も知っておく必要がある」をご覧ください。

個別銘柄に対する空売りは信用取引口座をもっていないとできません。しかし、全体の株価指数に対してはインバース型ETFを買えば現物取引口座でも空売りをしているのと同じ効果が得られます。

インバース型ETFとは日経平均のような株価指数に対して逆に連動する上場投信(=ETF)です。そこでは対象の株価指数が下落すればETFの価格は逆に(=インバース)上がります。

空売りに関する用語は難しくない

なお信用取引で空売りすることを「売り建て(英語ではショート)」「売りから入る」といいます。

さらに売り建てをしてまだ決済していないポジションを「売り玉(うりぎょく)」、空売りによって利益を得ようとする勢力を「売り方(対義語は買い方)」、売り玉を決済(反対売買)することを「買い戻し」といいます。

ちなみに信用取引における買いはlong positionと呼ばれます。ロングには強気や長期間という意味もあるからです。

似たような用語にブル(Bull)とベア(Bear)があります。ブルは角を突き上げる雄牛のことで「強気・上昇相場」を意味します。ベアは爪を振り下ろすクマのことで「弱気・下落相場」を意味します。

空売りの基本をわかりやすく

 

空売りをしない投資家も
空売りは相場に大きな影響を及ぼすから知る必要があるよ。

買い方にとって踏み上げはおいしい

ここで「買い戻し」という用語のついでに「踏み上げ」という用語も覚えてほしいと思います。そもそも空売りは、株を借りた以上は買い戻さなければなりません。

しかし、いつも都合よく株価が下がったところで買い戻せるわけがないので、ときには損切りとしての買い戻しと通常の買いが大量に入ることで売り方が大損を出してしまうことがあるのです。これが「踏み上げ」と呼ばれる現象です。

空売りできない銘柄がある

空売りはとても便利な一方で重大な注意点がいくつかあります。まず空売りはできる銘柄とできない銘柄があります。

また制度信用取引(決済期限が6か月以内)では空売りができるのは貸借銘柄という名称で指定されているものに限られ、一般信用取引(決済期限が無期限)では証券会社が選んだ銘柄について可能です。

一般に東証1部では空売り可能な銘柄が多いですが、新興市場では空売りができない銘柄が多いです。

空売りに関する措置

大量の空売りは株価を大きく下げるとともに狼狽売りを連鎖させるなど相場を混乱させます。実際、悪材料が出現したときや地合いが悪化したときには株価の下落を加速させるための空売りやそれに乗っかった空売りが散見されます

空売りの基本をわかりやすく

 

空売りの本筋は下落を予想して売ること。
でも株価を下げるために売る大口もいるんだ。

そのうえ、そもそも空売りは「借りて行う取引」であるため、貸し出せる株数には限度があります。そこで普段は空売りができる銘柄についても状況次第ではさまざまな形で措置が発動される場合があります。

具体的には価格規制(基準価格以下での空売り禁止)と、売り禁(新規の信用空売り停止)と、貸し出す株が不足したときの逆日歩(売り方にとって株を借りるコストが上昇)が有名です。

空売りに関するルールは今後も変わるでしょうし、証券会社によって細かいところは異なります。細かい内容はご契約先の証券会社ごとにご確認いただければと思います。


トップへ戻る