効率的市場仮説はどの程度正しいか

ゆりかもめの市場前駅

株価の動向と投資家が先走ることに関して経済学では効率的市場仮説という有名な学説があります。

効率的市場仮説

効率的市場仮説とは、株式市場で株価を上下する情報が生まれると、投資家はその情報に沿った行動をすぐにとるため、株価はあらゆる情報を織り込んだ適正価格になるという説です。

つまり、株式市場が効率的であれば明らかに安く(あるいは高く)放置された銘柄は存在しないということです。

この説の有力な解釈では、適正水準に落ち着き新たな情報が出ない段階の株価はランダムに動くので予測不可能であり、投資家は短期的には運次第で市場平均超の成果を出せる場合があるとしても、長期的には平均値に収束して市場平均超のリターンを得られないとされます。

投資家はそれなりに無知

このように効率的市場仮説のもとでは投資家は「無知」ということがいえます。一般社会では「あの人は常識が欠けている、無知だ」だという形で「無知」が使われますが、投資における「無知」は「たとえ知識や思考力があっても人間は未来を予測できない」という意味で使われやすいです。

この「無知」にはそれなりの説得力があります。そこには「投資家は成功したいのなら未来について謙虚であるべきだ」という思想が込められているかのようです。

しかし、人間が株価を予測できない不完全な生き物だとしたら、情報をすぐに織り込んで適正株価を形成することについても不完全だといえます。つまり、どちらも不完全と見なすのが筋のとおった考え方ではないでしょうか。

効率的市場仮説はどの程度正しいか

 

どちらも不完全であるからこそ投資は難しいし
つけ入る隙も生まれる!

理論と実践は少し異なる

ただし、株式市場は不完全(株価に情報は織り込まれない)だと断定するのも無理があります。多くの投資家は情報を求め、新たな情報が出たらすぐにそれに沿った売買を行う傾向があることもまた事実だからです。

一般に学問というのは白黒はっきりとしていないと普遍的に通用する理論モデルを確立できません。そのため、こういう説があるのも頷けます。この効率的市場仮説はもっと細かいモデルと高度な論争がありますので興味がある方は探究していただくとよいでしょう。

次に美人投票について見ていきましょう。これも投資家の一般的な思考・行動パターンを示したものです。

当サイトを入門書として使う場合に次に読むべき記事⇒美人投票は学生・就活生やビジネスマンに知っておいて欲しい概念


トップへ戻る