証券会社の公平な選び方【手数料以外にも注目】】

成行と指値と逆指値という基本的な売買方法

指す女性 仕組み・注文
スポンサーリンク

どの証券会社にも共通した売買の基本

ネット証券や総合証券のオンライントレードの注文方法はほとんど共通していますし、注文を出すだけなら難しくありません。

それは、銘柄検索⇒売買する株数の設定⇒成行か指値・逆指値の選択⇒指値なら希望売買価格の設定、という流れです。

順番に見ていきましょう。

証券コードの方が安全か

オンライントレードで株式を買う際にはまず銘柄を検索する必要があります。

その際には会社名で検索するよりも数字4ケタの証券コードで検索・注文する方が無難です。上場企業の中にはたまに似通った会社名があるからです。

これを間違えて大損したらかなり悲しいですから間違えないようにしましょう。証券コードは上場企業の背番号みたいなものですから有効に使うべきです。

アサヒホールディングスとアサヒグループホールディングスとでは業種も系列もまったく違う。さらに株価ボードでは企業名は略称になるんだけど、前者はアサヒHDで、後者はアサヒと表記される。
ついでにいうと、本来、通信業は証券コード9000番台に入るけれど(業種ごとに番台が決まっている)、通信系の上場企業が増えたことにより最近は4000番台にまわされているよ。

上場株は100株単位の売買が基本

さて、上場株は基本的に100株を最低単位(=単元株)として売買します。ということは、株価200円の銘柄は20000円ごとに売買できるわけです。

しかし、証券会社によっては単元未満株といってもっと細かい単位で売買できる会社もあります。

単元未満株では配当金は得られますが議決権は得られません。ですから、単元未満株は例外と見なした方がよいでしょう。

単元未満株の呼び方はミニ株、S株、ワン株、プチ株など証券会社によって違うよ。

指値注文の基本

株式を注文する際の方法は指値と成行(なりゆき)が基本です。指値とは売買の希望価格を指定した注文です。

オンライントレードにおいて、たとえば今500円の値がついている株を490円で買いたいのなら、指値で490円、さらに買いたい株数を入力し発注します。

株価がそこまで下がり、自分の買う順番がまわってくれば490円で買うことができます。

指値注文においては注文の有効期間も指定できますので、希望に応じて本日限定とすべきか、数日間有効とすべきか入力しましょう。
成行注文の基本

ここで500円の株が下がらないと予想し、すぐにでも手に入れたければ成行注文を出すべきです。

成行注文とは価格を指定しない注文のことです。500円の株が下がらず上昇していくのだとしたら、499円以下の買い指値注文は置いて行かれますが、成行で買えばその上昇に置いて行かれません。

成行注文は基本的に現値付近で売買できるのですが、売買注文が殺到しているときには思わぬ価格で約定することがあります。

またストップ安やストップ高のときには売買そのものが成立しない場合もあります。

指値買いにしても成行買いにしても買付注文は注文を出した段階で資金(余力)が拘束されるよ!また成行買いの拘束額はストップ高の額になる。
損切りに便利な逆指値

逆指値とは、読んで字のごとく指値の逆、すなわち株価が上がったら買い、下がったら売るという注文方法です。

株式投資は安く買って高く売るのが基本なのに、なぜ下がったら売りかと思うでしょう。これには、逆指値の売り注文は損切りの手段として有効だという理由があります。

たとえば現値が2000円でとても荒い動きを見せる銘柄を保有しているとします。このとき逆指値の売り注文を入れずに2000円から急落したとすると2000円からかけ離れた価格で売ることになってしまいます。

しかし、1980円で逆指値を入れておけば1980円以下になったときに売り注文が入るというわけです。

ただし、逆指値注文は注文時に設定した価格に達したときに指値注文が発注される仕組みになっているため、約定しない場合もあります。

どうしても約定を優先するのなら、たとえば1980円になったら価格を指定せずすぐに売るというように逆指値に成行を組み合わせるべきです。

逆指値の売り注文は損切りの手段として便利だよ

次は順張りと逆張りという買う際の戦略の基本について解説します。

当サイトを入門書として使う場合に次に読むべき記事⇒