証券会社の公平な選び方【手数料以外にも注目】】

自社株買いの基本をわかりやすく解説

自社株買いに際してインタビューを受ける社長 仕組み・注文
スポンサーリンク

自社株買いの定義

自社株買いとは、発行した自社の株式を自社の資金で買い戻すことを意味します。

これは「一定期間に取得総額〇〇億円を上限として行う」という形です。

その発表タイミングは決算付近が多いです。

短期の動き

自社株買いのやり方や規模にもよりますが、自社株買いは発表した直後に短期的にはやや大きく株価が上がり、その後、自社株買いの期間中は株価が緩やかに上がるか横ばいという展開が多いです(下がる場合もあります)。

まず自社株買いという好材料をかぎつけて短期だけ参戦してくる人が数多くいるため、発表直後は出来高も増えやすいです。

買いが多ければ株価は上がるわけですから、自社株買いの発表直後に株価が上がる展開は想像がつきやすいでしょう。

しかし、自社株買いは中長期的には株式の価値向上として株価は上がりやすいと説明されます。

中期の受け止められ方

そもそも株主は保有株について1株あたりの価値が上がることを望むものです。

そこでもち上がるのがEPS(1株あたりの純利益)の考え方です。EPSを求める式は「純利益÷発行済み株式数」です

つまり、純利益が変わらないのであれば発行済み株式数が少ないほどEPSは増えるわけです。

この点、企業が自社株買いを行って消却すると、発行済み株式数からその自己株式数を引くため(=株式の流通数が減る)EPSは増加します。

これは株主にとって魅力的であるため株価は上がりやすいわけです。その意味では自社株買いは株主への利益配分策ともいえるわけです。

消却とは、消滅させること。自社株買いにおいては取得した分の自己株式を発行済み株式数から取り除くことを意味します。

その逆が処分です。処分とは取得した自己株式を売却することです。これが行われると、1株あたりの利益はもとに戻ってしまうので株価は下がりやすいです。

中期の株価

なお自社株の取得は「前日終値以下での指値注文」と義務付けられています。

そのため自社株買いが上値を追う展開にはなりにくく、他に材料がなければ緩やかに上がる、あるいは自社株買いが下支えになって横ばいになるというパターンが多いです。

自社株の目的や論点は他にもありますが、基礎レベルではこんなところです。