順張りと逆張りとナンピン買いと押し目買い

そのチャートは買いか

順張りの長所と短所

金融商品を買う際にだれもが問われる戦略が順張りか逆張りです。順張りとは株価が上昇しているときに、それに乗るように買うことです。長所は上昇基調のままであればその流れに沿って株価が上がること、短所は買ってから株価が下がると高値掴みになって損をしてしまうことです。

順張り肯定派は、もし株価が下がったらすぐに売ればよいのだから、下がり続けるかもしれない逆張りより順張りの方が簡単だということをいいます。

逆張りの長所と短所

順張りと逆の方法が逆張りです。逆張りとは、株価が下落してその反転を狙って買うことです。長所は安く手に入ること、短所は反転することなくそのまま株価が下がり続けるかもしれないことです。

逆張りを成功させるには、候補の銘柄が下がっているのを見たら反射的にすぐに買うのではなく、底値圏を見極めて買うことです。底値圏を見極めるには、そこまで下げた材料、業績、各種のローソク足、信用残、地合いなどを総合的に考慮して買うことです。中長期にわたって悪影響が及びそうな材料が出て株価が下がっているのなら、買わない方がよいかもしれません。

当然、底値圏を見極めているうちに上昇してしまうこともあるでしょうが、それなら他の候補に移るか、そのまま順張りすればよいだけです。怖いのはそのまま下がり続ける銘柄に安易に飛びついてしまうことですが、いつもピッタリ底値で買うことは不可能なので、ときには株価が反転するまでに少し我慢することも必要です。これも「頭と尻尾はくれてやれ」の精神です。

ナンピン買い

順張りと逆張り、どちらが短期投資と中長期投資に向いているかは諸説あります。これは決着がついていませんので、ご自身で試行錯誤をするしかないと思います。

ちなみに買った銘柄が安くなったところで同じ銘柄を買い増しする手法をナンピン買いといいます。

ナンピン買いをすると平均取得価格を下げられるのですが、株価が下がり続けた場合、損失が大きくなるとともに損切りが遅くなったりしますから、ナンピン買いには計画性が必要です。

ナンピン買いは賛否両論があり、筆者の主観だと投資の玄人は否定的に見ている割合が大きいと思います。

押し目買いという中間路線

順張りと逆張りの中間路線として押し目買いというパターンもあります。これは中長期では上昇傾向にある銘柄が短期的には下落したときに買うというものです。発想としては逆張りに近いのですが、順張りの要素も込められています。

地合いによって順張りと逆張りを使い分ける

順張りも逆張りも短所と長所がそれぞれあるので、銘柄や時期を考慮して両方使えるようにしておく方が賢いと思います。ただし一般的には、上昇相場・地合いがよいときは長めの順張りで、下落相場・地合いが悪いときは一時的な逆張りに分があるといわれています。

次は板情報をもとに売買の概要を見ていきましょう。

当サイトを入門書として使う場合に次に読むべき記事⇒板情報をもとにした実践的で基本的な売買


トップへ戻る