板情報をもとにした実践的で基本的な売買

F社という架空銘柄の板情報(ザラバ)
証券コード0000F社
現値↓ 500
前日  490 +10  +2.04%
始値  501
高値  504
安値  500
売数量 気配値 買い数量
☆☆☆☆ 成行 ★★★★
250700 OVER
2600 510
3000 509
4300 508
23700 507
4100 506
2900 505
2700 504
5500 503
2900 502
2400 501
499 1800
498 3300
497 2800
496 4100
495 5700
494 3800
493 2000
492 3100
491 5200
490 7200
UNDER 102300
このページは上の板情報という図表を使って話を進めていきます。板情報とは、銘柄ごとの注文状態を示す表です。このページは想像力を使いながら読み進めていただければと思います。

株価は買い手と売り手に対応にする

たとえば現値(現在の株価)が500円の銘柄Fがあるとします。Fに限らず金融商品の売買においては基本的に買い手はなるべく安く買いたいという欲望をもっている一方で、売り手はなるべく高く売りたいという欲望をもっています。その方が収支はよくなるからです。

そこでは買い数が多ければ株価は上がっていき、逆に売り数が多い株価は下がっていきます。上場株の価格体系は時価なのです。

なお表中のUNDERとは、489円以下の買い注文の合計数で、OVERとは511円以上の売り注文の合計数です。多くの銘柄ではOVERの方がやや多いのが普通なので、それが逆転していたら短期的には注目に値するかもしれません。

価格優先の原則

ここで覚えていただきたいのは価格優先の原則です。これは買い注文では高い価格が低い価格よりも優先され、逆に売り注文では低い価格が高い価格よりも優先されるという原則です。

この原理の下では、499円の買い注文よりも500円の買い注文が優先し、501円の売り注文よりも500円の売り注文が優先されるのです。オークションや競りを知っている人なら直感的にすぐわかるでしょう。

時間優先の原則

ここでFを490円で買いたいと考えて指値注文を出して、その後490円まで株価が下がったとします。しかし、指値注文の約定は同じ価格においては発注時刻の早い人が優先されますから、自分よりも早く注文した人だけが約定して自分は約定しない可能性もあります。これを時間優先の原則といいます。

さらに490円(指値)での売りが4500株で、買いが7200株だと買い注文はすべて約定しません。株式市場では買い手と売り手が対応しているのです。

板寄せ方式

次に知っていただきたいのは、証券取引所の売買成立方法には板寄せ方式とザラバ方式の2つがあるということです。

板寄せ方式は原則として相場の取引開始前と終了時に使われる方式です。板寄せ方式のもとでは始値がつくまでに送信された注文は同じ時間に行われたとみなされますので、時間優先の原則は適用されません。

そこではまず成行注文の売買成立を優先させ、次に高い買い注文と安い売り注文の約定がするように処理し、株価を決めていきます。

冒頭の図表の成行注文の横には☆★が表示されていますが、取引開始前の板寄せ方式においてはそこに成行注文の数量が表示されます。

この板寄せ方式は実際にご自身でボードを開いて見た方理解しやすいと思いますので、ぜひ証券口座を開設して、ログイン先で朝8時〜9時前くらいに板寄せ方式の様子をご覧になるとよいと思います。

板情報をもとにした実践的で基本的な売買

 

ヤフオクでは出品者が下げない限り価格は下がらない。
でもザラバでは株価は刻々と上下する。

ザラバの板情報だけで株価を読み解くことは難しい

次にザラバ方式についてです。ザラバはザラ場ともいい、寄付(その日最初に成立した売買)と引け(その日の最後の売買)の間の取引時間を意味します。

このときに使われる売買成立方法がザラバ方式です。ここでは価格優先の原則と時間優先の原則が両方とも適用されます。

また基本的にはザラバでは成行注文の売買数量は板情報に表示されません。ザラバの成行注文は、値幅制限になっていない限り、入れればすぐに成立するからです。

板情報は参考になるか

さて、ザラバに板情報をご覧になると銘柄ごとに買い数と売り数がわかりますが、それは指値という売買価格を指定した注文だけが表示されるのであって、成行注文は寄付前や特別な状況でないと表示されません。

また、成行注文はどのタイミングでどれだけの数量が入るかは当人以外はわかりません。さらに指値注文の状況は刻々と変わるため、ザラバの板情報だけで株価を予想することは難しいのです。

それならば自分自身の買いで株価を吊り上げればよいと思うかもしれませんが、もし上げることができたとしても、その高い価格で買ってくれる他者が現れなければ、下の価格でしか売ることができません(そもそも相場操縦は違法)。

株価の反応具合

そこでの反応、すなわち株価の動き方は株式の発行数が少なく、また取引量が少ないほど売買一単位に対する大きくなる傾向があります。

発行数も取引量も多い銘柄(大型株)だと1円刻み(株価が高い銘柄だと5円か10円)で数千株単位の売買注文がある程度拮抗した形で入っているため、上がるのも下がるのも緩やかだからです。

つまり、価格の動き方は商品量やそこに参加している人間数、そこでの取引量に左右されるわけです。

投資に使うスマートフォン

見せ板という違法行為

さて、筆者としては冒頭の図表に一点だけ違和感をもっていただきたいと思っています。それは507円における売り注文の数です。他の価格の売買注文数よりも飛びぬけて多いと思いませんか。これは見せ板の可能性が疑われます。見せ板とは、実際に売買する気がないのに売買注文を出しておくことです。

(500円や480円など下一桁がきりのいい数字ではそもそも皆の注文が集まりやすいです。)

見せ板の注文者は507円では売る気がないので自分の注文価格が迫ってきたら自分の分の注文を取り消します。つまり、売り板に大きな注文があると、買い手は株価が上がるのは難しいと思って買う意欲を失ってしまうため、威圧的な売り注文が出されるのです。売りにおいて見せ板を行った者は、その株を安く買い集めたり、空売りを安いところで買い戻したりするために株価を安くおさえたがっているのです。

このように見せ板は、安く買いたい、あるいは高く売りたいという欲望から発生します。見せ板は株価の公正な形成を歪ませるので違法行為です。

しかし、見せ板に見える注文でも大口が本当に売買の意思をもって発注しているかもしれませんし、小口の注文が偶然重なったとも考えられます。また誤発注の可能性も考えられます。それゆえ見せ板は言い逃れが可能といわれますが、悪質な場合は処罰される可能性もありますので行わないようにお願いします。

これで基本的な買い方については終わりです。次からは章が変わって売りのタイミングについて見ていきましょう。

当サイトを入門書として使う場合に次に読むべき記事⇒保有株を売るタイミングについて考えられるパターン


トップへ戻る