FXには株式投資とは別の魅力がある

日本株の取引時間は基本的に日本時間9時から15時までです(地方の証券取引所は15時半まで)。また株は全面高や全面安という偏った展開があります。

この点、FX(外国為替証拠金取引)はほぼ24時間にわたって取引できます。さらに外国為替では、たとえばドルと円の組み合わせ(ペア)でいうと、ドルが上がれば円が下がるというようにシーソーの関係になっているため、株式投資とはまた別の利益の出し方があります。

FXは人間が存在している限り不滅か

そもそもFXとは、通貨と通貨を売買(交換)する際に生じる差益や金利を狙った投資です。株式投資は会社(人や設備)にお金を投じるものですが、FXは人々の通貨交換にお金を投じるのです。

ごく一部の上場株式会社は倒産したり上場廃止になったりするリスクがありますが、為替は人々の通貨交換ですので、暴落や暴騰の可能性はあっても通貨交換そのものがなくなることはかなり考えにくいです。

FXの取引額はものすごい

また株式市場に参入している人は利益を狙う投資家ばかりですが、外国為替市場では投資家に限らず世界中の旅行者やビジネスマンも通貨の交換を行っています。そのため1日の取引額は主要通貨のペアでは数十兆円くらいの規模があります(日本株は1日で2兆円から5兆円くらい)。

さらにFXは株価に比べると動きがかなり小幅なものです。しかし、FXに際して日本国内の業者を使うと最大で25倍のレバレッジをかけることができます(株式投資の信用取引は最大3.3倍)。これによって元手が少なかったり値幅が小さくても実質的には大きな取引ができるようになります。

しかし、レバレッジを大きくかけると、利益だけでなく損失の可能性も大きくなる点にはご注意ください(レバレッジの倍率は今後変更の可能性あり)。

FXと株式投資の比較表
FX 株式投資(個別銘柄)
取引時間 ほぼ24時間 東証に限ると平日の9時〜15時
(PTSや外国株を使えば大幅に拡大)
値幅 小さい(値幅制限なし) やや大きい (日本株では値幅制限あり)
資金効率 よい(レバレッジを使えば実質的には小さい値幅が拡大) 現物では悪く信用取引ではよい (現物では差金決済とレバレッジは不可)
ショート(売建・空売り) 信用取引では可
現物取引では不可
倒産リスク なし あり (倒産しそうな銘柄はある程度避けられる)
配当 スワップポイントと呼ばれる金利収入あり あり(無配銘柄もあり)
銘柄 通貨ペアを選ぶ (選択肢は少ない) 日本株だけで3000以上もの銘柄あり
株式投資の知識はFXでも生きる

株式投資についてそれなりに勉強した方だと、市場価格の決まり方、為替事情、スキャルピングやスイングトレードの特徴、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析、外部環境などはそれなりに知っているかと思います。

これらの知識はFXでも生かせますので、株式投資家が投資の選択肢を広げるにはFXを始めるというのもよいかもしれません。

FXを始めるには、業者に専用の口座を開設する必要があります。その際の選び方は、スプレッド(通貨の価格差)、約定力(約定の速度と精度)、ツール、スワップポイント(金利差)、通貨ペアの数などを基準にします。以下はその概要です。

FX各社の比較(2018年11月現在のデータ)
会社名 スプレッド 米ドル円 スプレッド ユーロ円 約定力 通貨ペア数 最小取引単位
0.3 0.5 20 10000
0.3 0.5 15 1000
初めてのFX取引[FXブロードネット] 0.3 0.5 24 10000
FXプライムbyGMO[トルコリラ] 0.6 0.9 19 1000
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込 1.0 2.0 24 1000
FX取引ならヒロセ通商へ 0.3 0.5 50 1000
トレイダーズ証券[みんなのFX] 0.3 0.4 16 1000
ひまわり証券 1.0 3.0 24 1000
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ 0.3 0.4 20 10000
SBIFXトレード 0.27 0.39 26 1

トップへ戻る