意外と面白いプロスペクト理論について簡単に解説

コインの裏表

人間の利益行動にはパターンがある

人間とリスクの関係について、かつてノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンによれば、人間は状況によってリスクに対する態度を変えることが実証されています。これはプロスペクト理論と呼ばれ経済学の教科書にも載っているほど有名なものです。

たとえば、無条件で100万円がもらえるのと、コインの表が出たら200万円をもらえて裏が出たら何ももらえない選択肢があったら、あなたはどちらを選びますか。期待値はどちらも100万円とまったく同じにもかかわらず、おそらく大抵の人は前者を選ぶはずです。

人間は、裏が出た時に何ももらえないというリスクを大きく悲観視して回避したがるとともに、確実な方を選ぶ傾向があるからです。お金や預金は好きだけど投資は嫌いという人は、投資の儲かる可能性よりも損する可能性を重く見ているのではないでしょうか。

追い込まれると行動パターンが変わる

しかし、これが負債をすでに背負っている状態だと様相が変わります。たとえば、200万円の負債を背負っている状態で、無条件でその借金を100万円に減免してもらえるのと、コインの表が出たら借金帳消しになり(+200)裏が出たら何も変わらない(±0)という選択肢があったら、どちらを選びますか。

こちらも期待値はまったく同じですが、後者を選ぶ人もそれなりいるはずです。前者の選択肢では100万円が確実に減免されますが、損失自体も確定してしまいます。

一方、後者の選択肢ではまだ帳消しになる望みがあるので賭けに出てしまいやすいというわけです。人間は負債を抱えていると、それを取り戻したいという欲求から確実なものを選びにくくなってしまう傾向があるのです。

この事例においてはどちらの期待値も−200から−100になるということ、すなわち+100であるため前者の確実な報酬型を選んでも、後者のリスク選好型を選んでも結局は同じことです。

しかし別の実験によれば、たとえば確実な報酬型の期待値が+100で、リスク選好型の期待値が+90と不均衡であるにもかかわらず、リスク選好型を選ぶ人が一定数いることがわかっています。

ギャンブル、とくに追い込まれた状況には人の冷静さを奪う力があるのです。ギャンブル施設の内部や近隣にはご丁寧にATMが設置されているのもうなずけることでしょう。

株式投資とプロスペクト理論

プロスペクト理論を株式投資にあてはめると、教訓になることが浮かび上がってきます。そもそも株式投資の基本は損小利大です。極端にいうと、5回の売買で10万円の損失が4回生じても1回50万を利確できれば、1勝4敗であるにもかかわらず全体としてはプラスです。

逆に4勝1敗でも、その1敗が大きければ全体としてはマイナスになることもありえます。これは1勝4敗をめざせというわけではなく、投資において損は早く小さく確定して利益を大きく伸ばした方がよいという戒めです。

しかし現実の人間は、株を買った後に株価が少し上がると、まだ上がるという見込みよりも、そこからマイナス圏に下がったら、さっさと売っておけば得られたはずの利益がなくなってしまうと考えて早めに利益を確定させる傾向があるのです。

逆に買った株が少し下がると、人間は確実な損失を嫌がりますから損失を早々と確定させることも嫌がるというわけです。これでは株の塩漬け一直線であり、基本とは逆の損大利小になってしまいます。

また収支がかなり悪い状態に追い込まれると冷静さを欠いて「リスクを高く設定した信用取引と激しく動く銘柄で一発逆転!」という発想にも追い込まれやすいかもしれません。

信用取引自体は悪くないのですが、冷静さを欠いた状態での信用取引は危険です。仮に冷静さを欠いた手法で大儲けできたとしても、それで味を占めてしまうと危険な手法が身にしみついてしまいます。

一部のエリートが大損を出す原因

ギャンブルでもビギナーズラックで勝ったり、ディーラーが初心者を中毒させるためにわざと勝たせたりすると、プレイヤーは楽に勝った気分を忘れられず、のちに大損するというパターンはよく知られています。世間ではエリートと見なされる人がこのパターンで転落するというのもたまに聞く話です。

ギャンブルにしても投資にしても、手軽に儲けるとか、他人の言いなりのままに資金を投じるというのは長期的には危険かもしれないのです。その意味では好景気において楽に大成功を収めた記憶が強い人よりも、〇〇ショックや長い不景気も経験した人の方が投資に厚みが出るかもしれません。

なお一部のエリートが投資で大損を出す理由としては、彼らは受験やビジネスで大きな成功体験があり、さらに頭がよく理屈を信じるがゆえに、ひとたび特定の手法や銘柄を信じると軌道修正に消極的になることが大きいといわれています。

偏差値エリートが投資で成功するとは限らない

投資で成功するには知識や思考力など受験勉強にも通じる要素が必要です。しかし、株価は理屈だけでは説明できない複雑な動きをすることが多い以上、謙虚に投資判断するとか、失敗を素直に認めて軌道修正するといった要素も必要でしょう。

また投資においては自分なりのルールと得意パターンを確立することが重要ですが、得意パターンといっても「絶対」はないはずなので自分にも多少の疑念をもっておくことが必要です。何か特定の有識者や銘柄、そして自分を信じ込むのは精神の安定につながりますが、信じすぎるのも考えものだというわけです。

これでリスクに関する章はおしまいです。次は投資家の行動パターンについて見ていきましょう。まずは「織り込み済み」からです。社会常識としても有用です。

当サイトを入門書として使う場合に次に読むべき記事(章が変わります)⇒織り込み済みという投資家が先走った末の現象


トップへ戻る