証券会社の公平な選び方【手数料以外にも注目】】

投資における基本的なリスクをわかりやすく解説

東証の横出入口 全体
スポンサーリンク

リスクとの付き合い方にはコツがある

このページでは投資における最大のデメリットである資産の減少に関わるリスクを5つ紹介します。

リスクという投資のマイナス要素を知って、ご自身の資産がなるべく減らないように役立てていただけたらと思います。

資産減少に関する5大リスク

そもそもリスクとは将来に対する不確実性を意味します。

将来に対する不確実性とは、株式投資の場合、買った株の価額がどうなるのか、どの程度の利益や損失が出るのかが不確実だということ。

それは基本的に近い未来よりも遠い未来の方が不確実です。

投資をする以上リスクの類は避けられないものですが、理解したうえでリスクをとるのと理解しないでリスクをとるのとでは大違いです。

まずは価格変動リスクから見ていきましょう。

(1)価格変動リスク

⇒価格変動リスクとは、保有資産の価格が変動することで購入時よりも売却時の価格が下がってしまうリスクのこと。

株式投資においてもっとも頻繁に投資家を脅かしてくるリスクがこれです。

価格が変動しなければキャピタルゲインはありえませんから、投資家が価格変動リスクを背負うのは当然です。

インカムゲインについても企業経営とともに変わります。

(2)流動性リスク

⇒流動性リスクとは、金融商品をすぐに換金(現金化)できないリスクのこと。

株の場合、発行数が少ない銘柄を大量に抱えていると簡単に売れなくなることがあります。

正確にいうと、値幅制限に達していない限り、株式は自由に売ることが可能です。しかし、発行数が少ない銘柄に大量の売り注文を出すと値崩れしてしまいます。

つまり、制度としては売れるのですが、投資戦略としては好ましくない売り方があるということです。

これを気にすべきなのは発行数が少ない銘柄を大量にもっている投資家ですので、分散投資を心掛けている個人投資家はあまり気にする必要はありません。

また保有株が売れたとしても実際に証券会社から出金できるようになるまでは一定の時間がかかります。

ちなみに金融商品の中でも流動性リスクがもっとも高い部類にあるのは、売るのに手間と時間がかかりやすい不動産です。

(3)インフレリスク

⇒インフレ(インフレーション)とは、物価が継続的に上昇する現象のこと。その逆はデフレ(デフレーション)です。

一般に物価が上昇すると保有している現預金や金融資産の価値も下がります。

ただし、インフレによって企業の収益も上がればそれに合わせて株価も上がる可能性が高いので、株式は比較的インフレに強いといわれています。

各国の経済史を振り返ると緩やかなインフレのときは、多くの場合、それに応じるかのようにして株価も上昇基調にありました(緩やかなインフレ時は好景気の場合が多い)。

しかし、ハイパーインフレと呼ばれるとてつもないインフレの場合、株価はそれに追いついていない場合が見られます。

インフレは緩やかなら歓迎ムードですが、極端な水準だと政府でさえもコントロールできず皆が不安になるなど株価の比例度合いが弱くなると考えられます。

好景気=適度なインフレ状態なの?じゃあ政府が適度なインフレを起こせばいいんじゃない?
確かに好景気のときは軽いインフレ状態が多い。ただし、因果関係としては好景気なのだから軽いインフレ(需要増)になるのであって、インフレが好景気を起こすとはいえない。あと、政府が物価水準を完全にコントロールできればいいんだけど、それはとても難しい。下手にそれをやると余計ひどくなりうるから、積極的にやりにくいというのが実情。

※物価(インフレ・デフレ)と景気と政策の関係は経済学者の間でも未だに論争がある難しいところなので、この部分がわからなくても株式投資には問題ありません。

(4)信用リスク

⇒信用リスクとは、投資先が債務(法的義務)不履行になることに関するリスクのこと。

債務不履行とは会社としてなすべき法的義務(支払いや返済など)を果たせなくなることを意味します。

これによって信用が下がると株価は著しく下落しますし、最悪の場合は出資先が倒産して株式の価値はゼロになります。

株式の価値がゼロとかこわいな。
上場企業は3か月に1度の決算が義務付けられている。それを見たり、四季報という経済誌で銘柄を観察すると、近いうちに倒産しそうなほど危ない銘柄は大体わかるよ。そういう危ない銘柄には投資しなければいいだけ。でも、そういうのが予期せず突発的に生じる場合もあるから、これを危惧する人は分散投資にした方がいいよ。

(5)カントリーリスク

⇒カントリーリスクとは、投資した国の変化によって被るリスクのこと。具体的には政情不安、外資規制、自然災害などがあげられます。

日本の場合、首都直下型地震の経済損失がもっとも恐ろしく、その被害額は100兆円以上などといわれています。

外国人投資家は日本の地震リスクを過大に見ているともいわれている。大地震は確かに脅威なのだけれど、東日本大震災直後は建設関連株が上がったから地震が心配な人は建設株を検討すべき。
普段の建設株は値動きが穏やかだし、配当もまあまあだから長期投資に向いているかも。
リスクの本質

さて次に、株式投資にも役立てるべくリスクの本質に迫りましょう。

そもそもリスクは1単位あたりの危険度×確率(頻度・遭遇率・発生率)で導けます。

たとえば、雷一発の直撃で寿命を縮める度合いと、タバコ1本の毒性によって寿命を縮める度合いはどちらが高いかといえば、前者に間違いないはずです。

しかし、雷の直撃はかなり危険でも、そもそも人間に直撃する確率がかなり低いのでリスクも低いです。

一方、タバコは社会にありふれているので、1本のダメージは低くても積もり積もれば大きな量となり、喫煙者や受動喫煙者の寿命を着実に脅かすというわけです。

ちなみに、たとえば劇薬の危険性を認識しながらもわざと飲むというように、大抵の人間はまずとらない行動を自発的にとる場合は確実性(確実な危険性)しかないので、もはやリスクとはいえません。

タバコのリスクはそれなりに理解されているでしょうが、それでも喫煙率がゼロにならないのは、喫煙者にとっては吸うことにより得られる快楽の方が大きいからでしょう。

つまり、喫煙者はある程度のリスクを許容して利益を受け入れているわけです。

この類の概念は環境リスクや食品リスクを図る際にも使われます。リスクはいたるところにありふれているのです。

リスクってこわいな。
生きるためにはリスクをとらなきゃいけないことがいっぱいあるよ。たとえば、人は食べることで生きていけるけどその食べ物が病気を誘発することもある。
職場に行くために自動車や電車に乗ることだって多少のリスクがあるし、生き長らえるために外科手術を受けるのだってリスクがある。
そういえばそうだね。完全なリスクゼロはない以上、リスクとうまく付き合うことが重要ってところかな。
リスクはちょっとした予測・対策だけで減らせる面もある。上場廃止・倒産級に危ない銘柄は前もってある程度わかるのはその典型。落雷についてもちょっとした知識だけで生存率はあがるよ。
リスクの感じ方や設定は人によって異なる

そして投資のリスクは、年齢、職業、資産状態、元手の大小など人によって変わります。

一般論としては

  • 若い
  • 独身
  • 投資以外の収入が安定している
  • 資産が少ない
  • 元手が小さい

という人ほどリスクを大きくとれるはずです。

もし元手が少ない状態で投資に失敗しても定年までの残り長い労働で十分取り返せますし、独身なら家族に迷惑もかからないからです。

またリスクは個々人の経験値や目標、感じ方によっても変わってくるものです。

こういった要素を客観視するとともに、リスクを自分にできる範囲ではコントロールすることが投資の成否のカギだといえます。


次に基本的なリスク分散法を見ていきましょう。

当サイトを入門書として使う場合に次に読むべき記事⇒