初心者にもわかりやすい株式投資の概要

企業にとっての株式

企業は営利を求めて日々動き回ります。こうした企業活動には土地代、設備、人件費など何かとお金がかかるものです。ここで企業としては融資(借金)と社債以外にも出資という方法で資金を調達する方法もあります。

初心者にもわかりやすい株式投資の概要

 

資本家が労働者を雇って営利を自由に求める体制を
資本主義というんだ。
先進国はすべて資本主義国だよ。

出資とは、資金を出すという意味です。出資の中で最たるものが株式です。企業は資金を投資家から提供してもらった代わりに株式という証書を発行し、そのお金で事業を営みます。これが株式会社です。

ちなみに社債とは会社が発行する債券を意味します。債券とは資金を不特定多数の投資家から借りる際に発行する証書です。お金を借りた人や社債の発行者は、期限までに金利とともに借りたお金を返済しなければなりません。契約を守る、とくに借りたものを返すことは社会人としては当たり前の法的義務です。

初心者にもわかりやすい株式投資の概要

 

ソフトバンクの社債はものすごい人気があるよ!

投資家にとっての株式

ここで重要なのは出資には返済義務と元本保証と金利がないということです。出資には返済義務と元本保証がないとすると特別な事情がなければだれも出資しないでしょう。

そこで株式会社は、事業が儲かったときに利益から一定割合のお金を株主にわたして投資家をひきつけます。このときのお金を配当金といいます。つまり投資家は、株式会社への出資には金利や元本保証がないとしても、配当金がもらえるなら投資してみようと考えるわけです。

初心者にもわかりやすい株式投資の概要

 

株式会社は株主のためにも
利益を求めて動き続けなければならない!
これを守らないと背任に問われるよ。

インカムゲイン

さらに会社によっては配当に加えて食品や割引券といった株主優待品がもらえます。配当金や株主優待品のように金融資産を保有している中で得られる収益をインカムゲインといいます。

上場は企業と投資家の欲求にもとづく

ここで重要なのは、株式会社が上場していると、その株式はほぼ自由に売買できるということです。上場とは証券取引所が株式を公開売買の対象にすることです。早い話、会社が上場すると株式は未上場のときよりも活発に売買されるのです。

株式が活発に売買されて自社の株価が上がれば、大株主である創業者の資産価値は膨れ上がります。それと同時に会社の知名度も上がるので、よい人材が集まったり大きな提携が結ばれるなどビジネスも展開しやすくなります。

投資家は魅力的な(利益の出る)株式を欲しがり、株式会社は自社の株価や知名度を上げたがりますから、お互いにとってプラスとなりうる上場という発想が出てくるのです。

初心者にもわかりやすい株式投資の概要

 

上場すると経営が株主に左右されるので
上場できる条件を満たしているのに上場しない会社もあるよ。

キャピタルゲイン

上場株は自由に売買される過程で価格が動きます。農産品の競りやヤフオクの入札でも魅力的な商品の価格はどんどん上がっていくでしょう。あれと同じような現象が株式の売買でも起きるのです。

しかし、ヤフオクの商品価格は出品者が下げない限り現状維持か上昇ですが、上場株の価格は下落もあります。そうなると、株式を安いときに買って高いときに売るという発想が自然に出てくるでしょう。このような売買差益をキャピタルゲインといいます。

初心者にもわかりやすい株式投資の概要

 

現代では売買の手数料と手間が下がったので
買ってから売るまでの間隔がかなり短い人もいるよ。

たとえば1株1000円の銘柄を100株、つまり10万円分買って(株式の売買は100株単位が基本)、それが1200円に値上がりしたときに売れば100株の価値は12万円なので約2万円が利益となります。(「約」とつけたのは株式の売買には手数料がかかり、さらに投資から得られた利益には税金がかかるからです。)

日本の投資家の中にはキャピタルゲインを繰り返して100万円くらいの資金から億単位の資産を築いた人もいるほどです。運ですべてが決まる宝くじとは比較しにくいですが、億万長者への道は宝くじよりも株式投資の方がまだ近い(現実的)と思います。

上場企業の社長

株式投資は勉強が不可欠

キャピタルゲインによって資産を数百倍にも増やせるということは、裏を返せば上場株は値動きが大きい金融商品だといえます。つまり、投資家にとって株式の保有・売買は損失も利益も大きなものになりやすいのです。

たとえば、100万円分の株式を買って保有し続けているときに1年間に配当金が3万円もらえるとすると配当利回りは3%です。

しかし、その会社の業績が悪化して株価が暴落すると株式の売却時には大損になりますし、配当金の額自体も下げられるでしょう。そこで損失を抑えてなるべく利益の方を大きくするためには適切な勉強や情報収集が必要だというわけです。

初心者にもわかりやすい株式投資の概要

 

投資の勉強はいつも変わらない原理や用語の勉強を覚える一方で
刻々と変わる為替や企業経営に関する情報も知る必要があるよ。

※株式会社の中には無借金の企業もありますが、これは単純によいとは限りません。大きな借入は信用がなければできないことですし、大きな借入の返済という実績をつくっておくと、いざ借入が必要になったときに審査が通りやすいからです。


トップへ戻る