株式投資とギャンブルの仕組み面での違い

投資はギャンブルなのか

ギャンブルと投資の共通点

株式投資はギャンブルだといわれることがあります。本当でしょうか。

ギャンブルとは、金品を将来の結果が不確かな動作に投じて一定のリターンを得ようとする行為だと定義できます。一方、株式投資は資産を株式に投じて利益を得ようとする行為だといえます。

この2つの定義を見ると、ギャンブルと株式投資はともに元本保証がなく不確かな挙動(=将来どうなるかわからない動き)に資産を投じて増やそうとする点で似ているといえます。

株式投資とギャンブルの仕組み面での違い

 

パチンコ店の多さを見てもわかるように
日本人はギャンブルを好むといえるかもしれない。
しかし、投資には消極的だという統計が出ている。

胴元の有無

しかし、一般にギャンブルには胴元がおり、彼らは自分の利益を確保します。それゆえ自分が勝つには他のプレイヤーを押しのけるという発想に陥りがちです。

そのうえ、あるギャンブルの還元率が80%だとしても、プレイヤー全員が同じ割合で損をしているわけではなく中には勝ち組もいるので、負け組の損失は胴元や勝ち組の利益と、胴元の諸費用にまわっているようなものです。

日本で公的に認められているギャンブルの還元率
還元率
宝くじ 約46%
公営競技(競馬や競輪など) 約75%
パチンコ・パチスロ 80%~90%程度
還元率の出典:総務省(宝くじ・公営競技・サッカーくじの実効還元率 資料3)
※パチンコ・パチスロの還元率については大まかな推測値。
株式投資とギャンブルの仕組み面での違い

 

上の表はあくまで公的に認められているギャンブルだ。

証券会社や証券取引所は胴元ではない

この点、株式投資では証券会社がいますが、彼らは投資家の売買を仲介し、そこから得られる手数料や金利をおもな収益にするのでギャンブルの胴元とはまったく異なります。

証券取引所にしても取引の場を提供し、それを利用する証券会社や上場企業から対価を得ている法人にすぎません。

また、含み損状態は証券会社や他の投資家に資金を奪われたわけではなく、市場における売り優勢によって当初よりも価値が減った状態にすぎません。これはオークションで100万円の商品を買って時間が経つと、その価額が変動しているようなものです。

株式投資ではガツガツ進む短期投資もよし、マイペースに進む長期投資もよし、皆と協調して上げ相場に乗るもよし(上げ相場なら皆が儲けることも可能)、下げ相場で空売りを行ってもよしというように、他者の勝ち負けよりも「自分なりに増やすこと」がめざされます。

ただし「自分なりに」とはいっても、株式投資では自分が買った銘柄の株価を他者に上げてもらったり最終的にそれを他者に買ってもらえなければ収支をあげられない以上、他者の心理や他者との関係性を意識せざるを得ません。

そのうえ株価は社会情勢にも左右されます。その意味では株式投資の方が社会性が強いといえるでしょう。

株式投資でギャンブル性の強いパターン

ギャンブルと株式投資の対比に関して、株式投資でもギャンブルの要素が強まるパターンもあります。

たとえば以前、ザラバ(=平日昼間の取引時間)に某ゲーム会社が配信する人気ゲームに不具合が発覚して、先行き不安からその株価がすぐにストップ安(=1日の下げ幅の限界まで下落)になったことがありました。

その時点では不具合の詳細が判明しておらず、それが問題なければ翌日の大きな反騰は間違いなし、逆に重大な不具合であれば大きく続落という状況でした。

結論としては、翌日、不具合は問題ないものだと発表され、ゲームユーザーにはお詫びの品が配られるとともに株価は即ストップ高となりました。ストップ安の時点で買っていればかなりの利益だったのです。

株式投資とギャンブルの仕組み面での違い

 

筆者はこの情報に気づいたのが遅かったし
判断が難しかったから参戦しなかったよ。
★ -->★ -->★ -->★ -->★ -->

この出来事からいえるのは、そのゲームの不具合の程度は翌日の発表前までは会社内部の人間でさえも調査・確認段階にあったと思われるので、そこまで不確かな要素が渦巻いている銘柄に前もって資金を投じることはギャンブルに近いということです。

このように不具合は重大な水準か否かという一点、すなわち短期で結果が判明する一か八かに賭けて手っ取り早い大勝ちをめざすのがギャンブルです。

逆に「A社のビジネスは営業利益は増加傾向にあり国策にも合致している。また株価は割安圏にあるから長期の投資に値する」などと具体的な指標をもとに投資する場合はギャンブル性が薄れることになります。

当サイトを入門書として使う場合に次に読むべき記事⇒株式投資とギャンブルの収支面での違い


トップへ戻る