株式投資全体・その他に関するページのもくじ

株式投資全体・その他に関するページのもくじ

以下のページでは株式投資の概要、気構え、原理、外部環境、禁止行為、投資教育、株式以外の金融商品などについて紹介しています。

まずはこういう投資全体に及ぶことを知ると、その後の投資にも好影響が出やすいかと思います。

株式投資全体・その他に関するページのもくじ記事一覧

初心者にもわかりやすい株式投資の概要企業にとっての株式企業は営利を求めて日々動き回ります。こうした企業活動には土地代、設備、人件費など何かとお金がかかるものです。ここで企業としては融資(借金)と社債以外にも出資という方法で資金を調達する方法もあります。資本家が労働者を雇って営利を自由に求める体制を資本主義というんだ。先進国はすべて資本主義国だよ。出資とは、資金を出すという意味です。出資の中で最たる...

株式投資で必要な気構え投資家の共通目標一口に「投資家」といってもその実態はさまざまです。まず投資家は、個人と機関投資家、公人と私人、日本人と外国人といった属性ごとに分けることができます。さらに彼らは投資期間や好む業種などにおいて細分化できます。日本市場では投資家数としては機関より個人の方が多いけど取引額としては機関投資家の方が多いよ。彼らに共通した目標は利益を得ることでしょう。大金持ちが一か所に資...

株式投資のよいところと悪いところさまざまなメリットとデメリット投資には資産が増える・減る以外にもさまざまなメリット・デメリットがあります。これは株式投資だけでなく不動産投資やFXなどにも通用する面もあります。それを思いつくだけ挙げていきます。来るもの拒まず去るもの追わずまずメリットです。投資で必要なのはお金と意思だけです。それさえあれば誰でも自由に株式市場に参加できます。労働市場は年齢・性別・新卒...

投資は割合から考えるべきことが多い値幅制限という制度株式投資は絶対的な額よりも割合で考えるべき場合が多いです。たとえば株価が100円から200円未満の銘柄は1日につき最大で50円まで上がることができます。つまり、100円から150円なら50%、199円から249円なら約25%の上昇です。これは値幅制限(ストップ高・ストップ安)と呼ばれる措置で、下の表のように1日の最大値幅は価格帯ごとに決められてい...

投資と投機の違いは時価総額と株式分割と投資期間からわかる投資と投機の違いを知る前に投資と投機のイメージや違いを知る際に重要な事柄として時価総額と流動性と株式分割があります。なんだか難しい用語が出てきましたが、これは基本レベルのものであり、そんなに難しくないのでぜひ最後までご覧ください。たとえば、株価が1000円で株式の発行数が1000万株の銘柄Aがあるとします。株式会社の価値は株価×発行株数なので...

株価は買い手と売り手の対応にする買い手と売り手の欲望たとえば現値が500円の銘柄Fがあるとします。Fに限らず金融商品の売買においては基本的に買い手はなるべく安く買いたいという欲望をもっている一方で、売り手はなるべく高く売りたいという欲望をもっています。その方が収支はよくなるからです。ここで買い数が多ければ株価は上がっていきますが、逆に売り数が多い株価は下がっていきます。上場株の価格体系は時価なので...

株価は人の心理によって動く複雑なものだが隙もある人間は複雑だから株価も複雑株式投資は人間によって行われます。それゆえ株価には人間の心理や複雑さが反映されます。これが株式投資の面白いところであると同時に、投資や予想の難しさにつながっています。人の心理が表れる典型的なパターンは「売りが売りを呼ぶ展開」です。株価が少し大きめに下がるとそれに狼狽した人が売ってさらに下がって、また慌てた人が売るという展開で...

株価が安い段階で仕込むことは安泰か安く仕込むという発想株式投資で比較的大きな利益を狙う際の常套手段として「安く仕込む」があります。すなわち皆に好材料が知れ渡って株価が上がってから買うよりも、まだ知れ渡っていない安い段階で買うという発想です。たとえば、好材料や好決算が期待できそうな銘柄において、それらが企業から正式に発表されてから買うのではなく発表される前に買うことです。このように安く仕込むことがで...

株価は将来性が意識される女性は結婚相手に将来性を求める女性が結婚相手に望む性質の一つに「将来性」があります。女性はある程度若い男性と結婚するとしても、現在の経済力や振る舞い、言動などから、その男性が年を取った将来においても自分に幸福をもたらしてくれるかどうか判断しているわけです。現在も将来も堅実な銘柄の将来性株式投資もこれに似たところがあって将来性が強く意識されます。たとえば、建設業やインフラ関連...

株価をあまり気にしないで済む方法短期投資では株価を気にするのがあたりまえまず大前提としてスキャルピングやデイトレードといった短期投資ではザラ場で株価や為替、先物などを気にしないと好成績を収められないでしょう。ですので、短期投資で株価を気にしないで済む方法を探すというのは、それ自体が矛盾している行為といえます。論者によっては指値・逆指値や連続注文を工夫しておけば、PCの前に張り付いていなくてもデイト...

株式投資と不動産投資を公平かつ簡潔に比較不動産投資を始めるには大きな元手が必要一般的には不動産投資の方が元手は多く必要です。株式は100株あたり数万円から買うことができますが、不動産投資には最低数百万円の物件を買う資金力が必要だからです(借金をすれば資金力は一応増えます)。不動産業界の懸念は2022年問題だね。一体どうなることやら。厳密には、株式は100株あたり2千円前後で買えるものもありますが、...

資本主義で経済成長が求められるいくつかの理由株式会社が成長するほど株式の価値も上がる株式投資をやっていると、空売り専門でもない限り、普通は出資先に成長を求めるものです。中長期的には企業が売上と利益を増やすほど投資家がもっている株式の価値も上がるからです。これは個人投資だけでなく企業と企業の出資関係にもいえることです。競合会社の存在そもそも資本主義社会は基本的には退場と参入が自由です。そこで株式会社...

トップへ戻る