証券会社の公平な選び方【手数料以外にも注目】】

資産形成法

資産形成法

退職金や大金の運用で気をつけたい3つのこと【投資初心者向け】

大金を手に入れたら落ち着こう 昨今の日本人の退職金(定年時)は1200万円~3000万円くらいにのぼります。 そこで定年なさった方のなかには「退職金を少しずつ生活費に使っていくよりは、投資で増やしてみるか」と考える人もいるはずです。...
資産形成法

芸術品が資産や投資対象としてお金持ちにもてはやされる理由

フィンセント・ファン・ゴッホ「ひまわり」(1888年)ロンドン・ナショナルギャラリー所蔵 死後に評価される芸術家の存在 ピカソやルノワールといった超大物画家は生前から高い評価を得ていました。 しかし、19世紀の画家であるゴッホやゴ...
資産形成法

筆者の投資法である野球チーム投資法を紹介

野球の特徴を投資にあてはめた方法 筆者が1年ほどの試行錯誤の末に確立した投資法が「野球チーム投資法」です。 そんなに大げさなものではなく正攻法を組み合わせただけなのですが、皆さまの参考になれば幸いです。 そのポイントは以下のよ...
資産形成法

株式投資を始める際に周りの人を説得する方法

家族の間では隠さない方がいい 株式投資を始めたいものの、嫁(妻)や親から反対されてできない場合って結構ありますよね。 株式投資には資産が増える可能性もあれば減る可能性もあるので抵抗があるのもわかります。 だからといって家族の間...
資産形成法

新興のバイオ株やゲーム株のように激しく動く銘柄との付き合い方

激しい値動きが好きならバイオ株やゲーム株がおすすめ 新興のバイオ株やゲーム株の特徴といえば、まず株価の動きが激しいことがあげられます。 株式投資の経験があるという人でも、新興のバイオ株やゲーム株に手を出したことがないとい...
資産形成法

テンバガーに関する条件と候補をさぐる

テンバガーは投資家のあこがれ 投資家の憧れの一つ、それが株価が10倍になるテンバガー銘柄をとることです。 筆者は、テンバガーになった銘柄について後半の3倍くらいの株価上昇には乗ったことがあるものの、残念ながら10倍になるまで取りきっ...
資産形成法

株式投資でスランプに陥ったときに試すべきいくつかのパターン

投資にスランプはつきもの 株式投資をやっていると、買ったら下がって、売ったら上がるという展開が連続するときがあります。 どんな達人でも投資では勝ちもあれば負けもあるものですし、今は成功した有名投資家もスランプの時期を経験しなかった人...
資産形成法

株価のオーバーシュートは狙い目か

株価には予想精度が上がるタイミングがある 株式投資が難しいのは株価が上下どちらに行くかわからないからでしょう。株価が上下どちらに行くかわかれば苦労しません。 しかし、通常時(地合いは普通で投資銘柄に好悪どちらの材料もない状態)では株...
資産形成法

IPOは勝率も期待値も大きい

IPOの展開は運次第 株式投資の勝率は4割~6割くらいのものです。 これは景気にもよりますが初心者でも上級者でもそんなに変わりません。 上級者は負け額を小さく抑えて 勝ち額を大きく伸ばす傾向あり しかし、株...
資産形成法

保有株を売るタイミングについて考えられるパターン

売るタイミングが収支の大きさを決める 株式投資では買い注文が約定した瞬間の収支はプラスマイナスゼロです(手数料や税金、空売りの買い戻しはのぞく)。 しかし、売りは同値撤退でない限り利益確定か損切りになるなど収支を決定づけます。 ...
スポンサーリンク