ガス会社の変更でガス代は安くなりうる

ガス代は契約先の変更で安くなる

ガス自由化で変わること

ガス代という月々の料金を節約したい方は多いと思います。これには設定温度や使い方を見直すだけで節約できる部分もありますが、もっと簡単に節約できる方法があります。それはガスの契約を別会社にすることです。

2017年4月からは都市ガスが自由化されて新規参入企業が増えました(プロパンガスはもっと前から自由化済み)。そのため事業者間で価格競争が発生し、都市ガスの消費者はより安い料金を享受できるようになったのです。これによって1年間に数千円も節約できた個人宅はザラにあります。

ガス料金プランを比較してガス代を今よりお安く!【ガスチョイス】

それまでは地域独占といって政府は各地域の都市ガス会社ごとにガス供給を独占させてきたのですが、海外先進国に比べると料金が高いため自由化に至ったのです。

また地域ごとに一社に独占供給させるよりも多数の事業者に供給させる方がインフラとしての安定感は増します。そのため今後も参入企業が増えるかもしれません。

都市ガスから都市ガスの乗り換えに工事は不要

ここでガス管でガスを供給する都市ガスとなると、その変更に際しては工事や手続きが面倒だと思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、都市ガスの契約会社を変更しても使用するガス管は以前と変わりませんので、単に乗り換えるだけでは工事は不要です。

ただし、都市ガスの変更に際しては各社のプランをWEB上で比較して最適な都市ガス会社を調べることをおすすめします。地域や基本的な使用量によって最適なガス会社は異なりますし、会社によっては最大3万円程度のキャッシュバックキャンペーンをやっているからです。

新ガス会社へのご契約や切り替え手続きは事務手数料が発生する場合もありますが、今回紹介している業者ではいずれも無料です。

プロパンガスの変更でも料金は安くなりうる

都市ガスの自由化は割と最近のことですが、プロパンガスに関してはなんと20年ほど前から自由化されています。もちろん、プロパンガスの契約先変更によってもガス代は安くなる可能性があります。

これについてもWEB上で料金の診断と見積を無料で行って最適なプラン・ガス会社を見つけていただくとよいと思います。

集合住宅の場合はご確認を

なおガス会社(都市ガスもプロパンガスも)の変更は個人の一戸建て住宅も法人全般も可能なのですが、集合住宅の場合はガスの契約内容を確認していただき大家さんか管理会社から許可が得られないと難しいかもしれません。

プロが選んだ優良ガス会社をご案内【ガス屋の窓口】

トップへ戻る