証券会社の公平な選び方【手数料以外にも注目】】

退職金や大金の運用で気をつけたい3つのこと【投資初心者向け】

アイルランド銀行 資産形成法
スポンサーリンク

大金を手に入れたら落ち着こう

昨今の日本人の退職金(定年時)は1200万円~3000万円くらいにのぼります。

そこで定年なさった方のなかには「退職金を少しずつ生活費に使っていくよりは、投資で増やしてみるか」と考える人もいるはずです。

預金じゃほとんど増えないもんね。

退職金ではない手段で大金を手に入れた方も同じです。

しかし、あなたの金融や投資に関する知識が万全ではないのであれば、下の3つを意識した方がよいと思います。

  1. 銀行や店舗・総合証券には要注意
  2. 大金運用の基本は分散投資
  3. 少額から試して知識と経験をつけよう

詳しくは下に記してまいります。

投資はあなたの自由と自己責任で行わないといけない。

銀行や店舗・総合証券には要注意

まず退職金・大金を投資に向けるという発想自体は悪くありません。

しかし、ご自身に知識や経験が欠けているからといって、その具体的な運用を銀行や店舗・総合証券に相談しにいくというのはおすすめできません。

  • 証券会社には3パターンあります(証券会社とは株式の売買を仲介する会社)。
    1. 店舗と戸別訪問によって営業する店舗証券(対面証券)
    2. 店舗をもたないネット証券
    3. 店舗をもちながらもネットにも対応した総合証券

銀行や店舗・総合証券に大金の運用を相談しに行くと、手数料の高い金融商品、つまり相談先の金融機関にとって儲けが大きい商品を買うことを勧められるからです。

よくあるのが「退職者特別プラン」という形で、手数料が割高な投信と、おトクな定期預金を組み合わせたもの。

こういうプランは定期預金の部分はおトクですが、投信の部分については微妙な場合が多いです。

でも、そうはいってもだれかに相談しないと不安という方も多いと思います。

そういう場合は特定の会社に所属していないファイナンシャルプランナーに相談するべきです。

金融機関の従業員は自分たちが安全に儲けるべく利益率の高い商品を買わせようとするものです。

一方、企業に所属していないファイナンシャルプランナーは特定の金融商品を買わせようとはしません。

ファイナンシャルプランナーが投資候補をいくつか挙げるくらいならあるでしょうが、営業マンのように強く勧めることはないはずです。

投資の神様と呼ばれるアメリカのバフェット氏は「散髪が必要かを床屋に聞いてはいけない」といっている。そんなの「必要」というに決まっているもの。

たとえ投資が必要だとしても、投資には時期によって良し悪しがある。だから、いつでも買いを推奨してくる人よりも、時期に応じて売り買いを使い分けてくれる人がいい。

服屋に例えると、銀行や店舗・総合証券は積極的に接客してくる高級店、ネット証券はほとんど接客しないディスカウント店みたいなものです。

高級店は接客・営業にお金をかけるだけあって高い手数料をとりますが、ネット証券は接客・営業にお金をあまりかけないので手数料が安いです。

ネット証券の手数料は安いけど、その分、自分で知識をつけて運用する必要がある。

大金運用の基本は分散投資

次は分散投資の必要性です。分散投資とは文字通り、投資先を分散させることです。

それとは逆に、たとえば関西電力にのみ資産を集中して投資していると、関電にもしものことが起きたときに大損害を被ります。

しかし、さまざまな会社に分散させていると「あっちの会社への投資はマイナス10%だけれども、こっちの会社はプラス20%になった」というように、収支がマイルドになります。

もし、あなたが若く、さらに投資資金が少ないのであれば集中投資も選択肢に入るのですが、退職金のような大金を運用するとなると分散投資が基本です。

少額から試して知識と経験をつけてみよう

なお、筆者はネット証券で口座を開設してからの少額投資をおすすめします。

ここでいう少額とは30~50万円以下くらいが目安になります。

なぜ、少額がよいかというと以下のような利点あるからです。

  • 損失を出したとしても大金を運用したときの損失ほど痛くない
  • 勉強になる
  • 退場しない

投資でもっとも避けるべきは再起不能なほどの大損をしでかすことです。

この点、投資額が少なければ再起不能なほどの大損を出すことができません。

投資額が少ないと、もちろん利益が出た場合も少なくなりますが、その利益は投資がよくわからないまま出した利益かもしれません。

ここで妙なクセがつくと、あとあと大負けしやすくなります。

つまり、すぐに投資用の大金をご用意できるとしても、初心者の段階では知識と経験をつけることを優先して少額で行った方がよいというわけです。

こういうステップを踏まずに初心者がいきなり大金を集中投資すると悲惨なことになりがちです。

とくに男性は資産運用に関しては強気のバイアスがもつ傾向にありますので、最初はゆっくり行くべきだと思います。

なお、下のリンク先にありますウェルスナビは、分散投資先の一つとしておすすめです。