資産形成に関するページのもくじ

資産形成に関するページのもくじ

以下のページでは資産運用が必要な社会背景、優待、配当、失敗談・成功談、他の金融商品との比較、投資信託などについて解説しています。

資産形成に関するページのもくじ記事一覧

年金や賃金が減りそうなことを考えると資産運用が必要になる資産を増やす3つの方法人間が資産を増やすには大きく分けて3つの方法があります。一つは自分で働いて賃金を増やすことです。これはおよそ16歳から〜70歳前後まで可能な策です。次に支出を減らすことです。支出を減らすことができれば、基本的にはそれだけ資産形成にとってプラスになります。そして最後に資金を金融商品などに運用して資産を増やすことです。これは...

余裕資金で始めて退場しないことが重要余裕資金で始めること投資においてリスクを抑える際に手っ取り早いのは余裕資金(失っても人生が破綻しないお金)を元手に運用することです。これだけでリスクは大きく軽減されます。余裕資金ではないお金に手をつけると、プレッシャーがかかりすぎて投資が窮屈になったり、周囲の人から理解が得られなくなったり、冷静な判断ができなくなる確率が高まるでしょう。これは家事や労働などご自身...

株式投資の元手はいくらにすべきか株価は100株単位の購入が基本株式は100株を単位とした売買が基本です。これを単元株といいます。株価が1000円の銘柄があるとすれば、10万円(100株)、20万円(200株)…、100万円(1000株)といった形で取引します。一部の証券会社では単元未満株といって100株未満の単位でも購入することができますが、単元未満株では議決権が得られません(配当金は得られます)...

集中投資か分散投資か卵は一つのカゴに入れるな投資の世界には「卵は一つのカゴに入れるな」という格言があります。投資の運用資産を分散させず一つに集中させると、それが落下したときに大きな損害になりますから、投資は特定箇所に集中させず分散させた方がよいということです。たとえば1000万円を10銘柄にバランスよく投資している人はそのうちの一つが暴落しても大損になりませんが、1000万円を1か所に集中させてい...

これでわかる配当金の基本配当金とは株式会社が事業を展開して得られた利益は出資者(株主)に一定割合が分配されます。これが配当金、略して配当です。逆にいうと、あまり大きな利益を出すことができてないない会社、とくに赤字の会社は配当を出しにくいのです。ただし、黒字が続いてきた企業における一時的な赤字の場合は減配といって配当金は以前よりも減らされた形で支払われることもあります。記念配当・特別配当減配は株主に...

短期とスイングと長期のどれをとるかで投資スタイルは大きく変わる投資期間をどれにするかはとても重要資産を形成するうえで自分の投資スタイルを決めることはとても重要です。これは投資期間をどれにするか決めるところから始まります。投資期間とは、買ってから売るまでにどの程度の期間をおくかということです。投資期間をどれにするかによって必要な勉強や収支も大きく変わるほどです。ただし、短期投資を好む方でも長期投資の...

投資信託の基本を知って資産形成に役立てよう投信の中でもETFは別ページに記してあります。投資信託の定義投資信託(略すと「投信」)とは、多くの投資家から集めたお金についてプロがさまざまな株式や債券を通じて運用し、その運用成績に応じて成果が投資家に分配されるという金融商品です。投信は皆の資金を集めた運用だけあって個別銘柄への株式投資よりも小口資金から始めることができます。たとえば、1銘柄の1単元の平均...

ETFは投信と個別株の中間路線ETFは時価の体系ETFとはExchange Traded Fundの略で、日本語では上場投資信託と呼ばれます。そもそも投資信託(略すと「投信」)とは、多くの投資家から集めたお金についてプロがさまざまな株式や債券を通じて運用し、その運用成績に応じて成果が投資家に分配されるという金融商品です。ETFとは文字どおり上場した投資信託です。非上場の投信は1日1回価額が計算・発...

株価が伸びて優待品ももらえれば満足投資家には自社の消費者であってほしい?一般に小売業や食品メーカーなどは株主優待が充実しています。たとえば、イオン、ビックカメラ、すかいらーく、日清食品といった面々です。それらの企業は個人投資家に長きにわたる自社の顧客(消費者)であってほしいのでしょう。中には長い間保有していると優待ランクが上がる企業があるほどです。株主優待品を現金換算すると配当利回りは今まで違って...

立会外分売は勝率が高い株式のバーゲンセール立会外分売とは、立会時間外(取引時間外)に売り出すことです。立会外分売は大株主が大量に保有株を売る中で、それを細かく分けて割引価格で売り出すという形が多いです。大株主が市場で(取引時間中に)大量に売ると株価が荒れてしまうので、立会時間外に前日終値よりも2〜3%くらい安い価格で売り出すのです。そのため立会外分売は株式のバーゲンセールとも呼ばれます。また立会外...

強い銘柄を信じ切れなかった引き分けパターン強い銘柄とは株式投資の世界では「強い銘柄」と呼ばれる銘柄があります。厳密な定義はないものの、筆者としては、急騰してテクニカルで売りシグナルが出たとしても数日から数週間程度は伸びていく銘柄だと認識しています。あるいは2017年の6506安川電機のように1年(中長期)を通じて安定的に上昇した銘柄も「強い銘柄」といえるでしょう。普通、株式というのは株価が短期で2...

ボックスレンジで成功ボックスレンジとは数ある銘柄の中にはボックスレンジ(持ち合い相場)といって、特定範囲の株価を行ったり来たりしているものがあります。たとえば、およそ1700円から1900円を行き来しているという形です。こういった規則性を利用して1700円台前半で買って1800円台後半で売るのです。上値抵抗線と下値支持線ボックスレンジはテクニカル的には上値抵抗線と下値支持線を行き来しています。上値...

寄り天からの失敗寄り天とは寄り天とは寄付直後の株価がその日の高値(天井)になることです。寄付(よりつき)とはその日に最初に成立した取引をいいます。つまり、寄り天からの失敗とは朝一で買い注文(とくに乗り遅れないようにするための成行注文)を入れて高めの価格で手に入れ、さらに上がると思ったらどんどん下がっていくことです。明日の株価が寄り天になる公算が強かったら前日引けで買い込んでおくというのも一つの手だ...

トップへ戻る