証券会社の公平な選び方【手数料以外にも注目】】

資産運用の必要性が出てきた日本社会

上場株の世界
スポンサーリンク

日本人に共通する不安

多くの日本人は身の回りのお金に関して

  • 預金利息は低い
  • 給料がもっと欲しい
  • 将来の年金はどうなるんだろうか

という不安・不満をもっているでしょう。筆者もほとんど同じです。

要するにだれもがお金を欲しがっているわけですが、労働や年金だけでは満足いくお金を得るのはこれからの日本社会では難しいかもしれません。

そこで有力な選択肢になるのが、あなたのお金を金融商品に投じて増やすという方法です。つまり、お金に働いてもらうのです。

お金に働いてもらえば、あなたが仕事をしたり遊んだりしているときも資産が増えうるわけです。この力を使えばお金の力は2人力や3人力にもなったりします。

当サイトがメインに据える株式は数ある金融商品の中でももっとも基本的といえるものです。

預金の利息も資産形成といえるが、利息は銀行によって施される受動的なもの。一方、株式の運用は預金よりもリスクが大きいだけあって(=利益も損失も大きくなりやすい)積極的な意識が必要。

株式投資と聞くと、難しい、あるいは怖いといったイメージがあるかもしれませんが、当サイトから得られた知識をもって臨めばそのようなイメージを取り払うことができます。

人は未知のモノを必要以上に恐れるのであって、きちんとした知識を得れば必要以上に怖がらなくなるからです。

投資を成功させるには勉強が必要

しかしというか当然というべきか、投資で成功したかったらある程度勉強する必要があります。

投資には減るリスクもあるので、投資の世界で生き残るにはそれなりの勉強が必要だからです。

これについて筆者はあなたが投資を成功させる際の第一歩として役立つ記事を公平に示してまいります。

また、投資というのは大金が絡む分野だけによからぬ行為をしでかす者もいるので、そういうものに引っかからないような記事も示します。

ワシ
スポーツや受験勉強でも悪いパターンを知るとよいパターンが身についたりするでしょ。あれと同じ。

まずは社会に根差した正攻法から

さて、株式投資で利益をあげることを目標にするにあたって考えていただきたいのは人間の性質と行動です。

そもそも株式投資とは人間が会社(=人間が利益をもとめて団結する組織)にお金を投じるものです。

人間は単独で何の目的もなく行動していると法則性や次の行動の予想をしにくいものです。

しかし、多くの人間が共通の目的をもって行動していると、そこには法則性が明らかになったり、以前よりも予想の精度が上がったりします。

この法則性に沿った戦略が正攻法です。

株式投資では多くの人間が利益を大きくしようとする一方で、損失を避けようとするよ。

恋愛にも法則性がある

たとえば恋愛にも「こうすればうまくいく」といわれる法則があります。

世の中には実にいろんな人間がいるので法則や正攻法が100%通じるとは限りませんが、法則や正攻法に沿わないよりはまだマシな結果が出やすいでしょう。

株式投資も同じで正攻法が通じないこともありますが、正攻法に沿った行動を続けていると長期的にはよい結果が出やすくなります。

つまり、恋愛も投資も人間の行動からできているものなので、人間の性質や行動がわかればわかるほど勝ちやすくなるのです。

たまにニュースで株式投資で詐欺に遭ったという事件を聞きますが、あの多くは未公開株という中上級者向けの投資です。

一方、当サイトが対象としているのは上場株という皆に公開されている株です。この違いは思ったよりも大きいです。

未公開株のすべてがいけないわけではありませんが、初心者が手を出すのは危険です。

当サイトは入門書として読み進めることができる

当サイトの一部の記事は初心者にもわかりやすい入門書として読み進められるように設計してあります(バラバラでも読めます)。

対象記事の各ページ下部には次ページへのリンクを設置しています。

それ以外の記事は気になったときや入門書記事をすべて読み終えてから読むとよいでしょう。

内容はちょっと学術的な部分もありますが、そんなに難しくなく社会常識も盛り込まれています。

当初、商業出版する原稿として書いていたので一冊の本を読むかのように興味深く読めると思います。

これで実質的には株式投資の入門書が1冊まるごと無料で読めるようなものです。

もちろん、無料公開といっても著作権は放棄していません!

参考:株式投資のメリット

  • 利益を出せる可能性がある

⇒損失の可能性もあります

  • 社会勉強になる

⇒多くの社会人は株式会社に所属し、多くの就活生は株式会社への就職をめざすように株式は社会の基礎にあります。

それに社会人になると従業員持株会に入ったり、金融機関から投資勧誘を受けることは珍しくありません。

上場株の知識があれば割に合わない投資勧誘を退けることもできます。

  • お金さえあれば自由に始められる

⇒企業に入るには内定を得なければなりませんが、投資はお金さえあれば自由に始められます。

信用取引といって金融機関からお金や株式を借りて行う投資だと審査をクリアーする必要があるけど、そうではなければ基本的には大丈夫。

投資は自己責任で

まずは投資の意味をざっくりおさえましょう。

最初の記事はコチラ「投資の意味をわかりやすく簡単に」