株式投資初心者向けの入門書記事が充実

株式投資の基礎王国

トップページ
当サイトの特徴は管理人が指定した順で記事を追うと入門書として成立すること
注目記事
株式投資の基礎王国 株式投資の基礎王国 株式投資の基礎王国

はじめに

お金があったらかなうこと

預金利息は低い、給料がもっと欲しい、将来の年金はどうなるんだろうかと思っている方は多いでしょう。筆者もほとんど同じです。

要するにだれもがお金を欲しがっているわけですが、労働や年金だけでは満足いくお金を得るのはこれからの日本社会では難しいかもしれません。

そこで有力な選択肢になるのが、ご自身のお金を金融商品に投じて増やすという方法です。つまりお金に働いてもらうのです。

お金に働いてもらえば、あなたが仕事をしたり遊んだりしているときも資産が増えうるわけです。この力を使えばお金の力は2人力や3人力にもなったりします。

当サイトがメインに据える株式は数ある金融商品の中でも最も基本的といえるものです。

株式と聞くと、難しい、あるいは怖いといったイメージがあるかもしれませんが、当サイトを参考にして得られた正しい知識をもって臨めばそのようなイメージを取り払うことができるでしょう。

社会の性質も知ろう

そもそも株式投資とは人間が会社(=人間が利益をもとめて活動する組織)にお金を投じるものです。人間は単独で何の目的もなく行動していると法則性や次の行動の予想をしにくいものですが、多くの人間が共通の目的をもって行動しているとそこには法則性や次の行動の予想が明らかになったりするのです。

つまり、会社も投資も人間の行動からできているものなので、人間の性質がわかればわかるほど勝ちやすくなるのです。

この点、筆者は社会科学に関して商業出版を行った実績があるように人の性質を読み解くことに関しても、初心者向けにわかりやすく説明することもプロ級です。

たまにニュースで株式投資で詐欺に遭ったという事件を聞きますが、あの多くは未公開株という閉鎖的で専門家向けの投資です。一方、当サイトが対象としているのは上場株という皆に公開されている株です。この違いは思ったよりも大きいです。未公開株のすべてがいけないわけではありませんが、初心者が手を出すのは危険です。

投資を成功させるには勉強が必要

美しい日の出

しかしというか当然というべきか、投資で成功したかったらある程度勉強する必要があります。投資には減るリスクもあるので、投資の世界で生き残るにはそれなりの勉強が必要だからです。

これについて筆者は、皆さまが投資を成功させる際の第一歩として役立つ記事を公平に示してまいります。投資というのは大金が絡む分野だけによからぬ行為をしでかす者もいるので、そういうものに引っかからないような記事も示します。

株式投資の基礎王国

 

スポーツや受験勉強などでも悪いパターンを知ると
よいパターンが身についたりするでしょ。あれと同じ。

参考:株式投資のメリット
  1. 利益を出せる可能性がある
  2. ⇒損失の可能性もあります
  3. 社会勉強になる
  4. ⇒ビジネスや就活、投資勧誘を判定する際にも役立ちます
  5. やるのもやらないのも自由
  6. ⇒企業に就職するには内定を得なければなりませんが、投資はお金さえあれば自由に始められます

当サイトは入門書として読み進めることができる

株式投資の入門書を読み漁る女性

当サイトの一部の記事は初心者にもわかりやすい入門書として読み進められるように設計してあります(バラバラでも読めます)。もくじは下の方にあるとおりです(各ページの下部には次ページへのリンクを設置)。

それ以外の記事は気になったときや入門書記事をすべて読み終えてから読むとよいでしょう。

内容はちょっと学術的な部分もありますが、そんなに難しくなく社会常識も盛り込まれています。当初、商業出版する原稿として書いていたので一冊の本を読むかのように興味深く読めると思います。

これで実質的には株式投資の入門書が1冊まるごと無料で読めるようなものです。もちろん、無料公開といっても著作権は放棄していません!

「社会」を意識した文章

株式投資は常識として知るべきだと筆者は考えています。多くの社会人は株式会社に所属し、多くの就活生は株式会社への就職をめざし、公務員は多くの株式会社を支えているなど株式は社会の基礎を構成しているからです。

それに社会人になると従業員持株会に入ったり、金融機関から投資勧誘を受けることは珍しくありません。上場株の知識がちょっとあれば割に合わない投資勧誘を退けることもできます。ですから、投資に関する知識は社会人にとっても常識だといえます。

このように人と人の関係から成り立っている領域が社会です。

筆者は社会科学面で商業出版を成し遂げて大手書店では上位ランクにも入ったことがあるので、社会に関する記述は得意ですし、記述は信頼していただきたいと思います。

「記述は信頼していただきたい」といっても、筆者が当サイト上であげた個別銘柄は例として示したモノであって、最終的な投資判断は自己責任において行ってください。

まずは投資の意味をざっくりおさえましょう。ちなみに筆者の簡単なプロフィールについてはこのページの下の方で少し紹介してあります。

なお当サイトによく出てくるタカは当方が外注した画像です。意外と重要なことも呟いていますよ。

入門書系記事のもくじ


これが入門記事の1ページ目
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国
株式投資の基礎王国

株式投資の基礎王国

筆者・管理人について

当サイトの管理人は社会科学の物書きでもあります。そのため地合い・社会情勢を重視します。著書をご覧いただくとわかるように真面目で公平な記述が得意ですが、よく見ると人間や社会について面白みをもたせる記述になっています。

管理人は社会科や投資に関して健全な啓発が得意ですので、何かご依頼がありましたら下のメールアドレスからお願いいたします。

管理人は基本的には現物・ファンダ派で、投資期間は中期とスイング(とくに押し目買い)を主体にしています。でもベア・インバースETFを買うこともあります。銘柄は小型・新興から大型までいろいろ触りますが、どちらかというと中規模の銘柄が好きです。

管理人は予想屋や投資顧問ではないので売買銘柄の具体的な推奨はできませんが(個人的な注目銘柄は示します)、基礎知識についてわかりにくいところや改善点がありましたらメールにてご連絡ください。

ご連絡先はこちら(画像化されています)株式投資の基礎王国

社会科学をわかりやすく、そして面白く解説したサイト「社会の杜」も営んでいます。

管理人の著書について

株式投資の基礎王国

上の画像は管理人の商業出版本です。株式投資との関連でいうと、資本主義、市場経済、社会主義、株式会社の起源、アダムスミス、ケインズ、フリードマンといった要素を扱っています。

他の部分は株式投資と直接的な関係がありませんが、公平性にも配慮した学術的に面白くわかりやすい入門書なので、よろしければご覧ください。


トップへ戻る